ラムダ音楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐渡裕 芸術文化センターの芸術監督に

<<   作成日時 : 2017/09/01 23:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 きょうの朝日新聞朝刊に、佐渡裕さんが兵庫県立芸術文化センターの芸術監督に就任したときの経緯についての記事が載っていました。
 阪神淡路大震災から7年になる2001年、公演中の楽屋に県知事が、計画中の芸術文化センターの芸術監督になってほしいと直談判にやってきます。海外が活動の中心だった佐渡さんは悩みますが、引き受けることにします。佐渡さんは、建設前から予定地の西宮市内をまわり、コーラスの指導をしたり、ミニ演奏会をしたりします。そんななか、商店街の集会で、りっぱな劇場を建てるお金があるならうちのローンを払ってといわれたこともあります。
 2005年10月、芸術文化センターは開館します。年間50万にが訪れ、世界に誇れる復興のモデルになります。そして、震災から20年の日、マーラーの「復活」を演奏します。「人は必ず立ち上がれる。そこに音楽は深く関わることができる」と佐渡さんは確信しています。
 記事を読んでいて、二つの震災が佐渡さんに与えた影響がとても大きいことを感じます。二つに震災により、普通の指揮者であればできないような経験をたくさんしたわけで、時間的には苦しかったかもしれませんが、いろいろなことを感じ、改めて音楽の力を知り、佐渡さんは、一回りも二回りも大きくなったのではないでしょうか。これからも多くに人々を力づけてほしいものです。


   MIDI・MP3・着メロ(au・ソフトバンク・ドコモ)があるラムダ音楽館は、下のURLからどうぞ。
          ♪ http://www7a.biglobe.ne.jp/~ramuda921/index.html ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
佐渡裕 芸術文化センターの芸術監督に  ラムダ音楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる