ラムダ音楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS MQA-CD

<<   作成日時 : 2018/07/12 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、MQA-CDの紹介記事を読みました。
 MQA-CDとは、CDにMQA音源を収録したもので、CDプレーヤーでは通常のCDと同じように再生することができ、MQA対応機器ではMQAフォーマットのハイレゾ音源として再生できるものです。
 しかし、同じ音源でも、通常版のCDとは音が違うようです。多くがDSDマスターを使っていることに加え、MQAエンコード・デコードにより音質改善がなされているからのようです。その主な効果は、MQA非対応機器でも実感することができ、音のにじみがなくなることにより、音像定位が安定することがあるようです。
 残念ながら、プレーヤーでは、まだ対応機器がほとんどない状態です。USB-DACやネットワークプレーヤーは、いくつか製品があるということです。
 記事を読んだとき、初めはハイブリッドSACDのように、CD層とMQA層の2層になっているのかと思いました。しかし、そうではないようで、一つのMQA音源が、非対応機器ならCD相当の音質、対応機器ならハイレゾ音質で再生されるということです。
 CDにとっては画期的な技術だと思います。CDは、40年近く前からのフォ−マットでありながら、いまも多く使われ、MQAのおかげでまだまだ現役が続くのではないでしょうか。
 MQA-CDそのものも対応機器もなるべく安い価格で販売してほしいものです。


   MIDI・MP3・着メロ(au・ソフトバンク・ドコモ)があるラムダ音楽館は、下のURLからどうぞ。
          ♪ http://www7a.biglobe.ne.jp/~ramuda921/index.html ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
MQA-CD  ラムダ音楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる