ラムダ音楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 真空管ハーモナイザー

<<   作成日時 : 2018/07/06 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、真空管ハーモナイザーの紹介記事を読みました。
 真空管ハーモナイザーとは、冷たいとか硬いとか言われるCDなどデジタルの音をアナログのような音にしようというものです。使い方は、CDプレーヤーとアンプの間に入れて使うのが基本です。
 『レコード芸術』の姉妹誌『Stereo』の別冊付録としてキットがついているものが発売されたのです。価格は、13000円(税抜き)です。そのキットは、ラックスマン製だということで、ラックスマンが念入りにチューニングをしたということです。真空管は、好みのものに差し替えることもできるそうです。
 その効果はというと、試聴記を読むと、絶大という感じです。空間にやわらかいエコー成分が漂い、きめが細かくナチ、中高域の音の存在感が上がり、空間の広がりも出るということです。ただ、すべてがいいわけではないようで、低域は少し軽めになるようです。
 このようなものがあるとはまったく想像もしませんでした。技術の進歩とはたいしたものです。これだけ効果があるというなら買ってみようかなお思わされます。


   MIDI・MP3・着メロ(au・ソフトバンク・ドコモ)があるラムダ音楽館は、下のURLからどうぞ。
          ♪ http://www7a.biglobe.ne.jp/~ramuda921/index.html ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
真空管ハーモナイザー  ラムダ音楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる