ラムダ音楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲

<<   作成日時 : 2008/12/13 22:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を聞きました。CDは、チョン・キョンファ/コンドラシン盤です。
 この曲は、メンデルスゾーン、ブラームスの曲とともに三大ヴァイオリン協奏曲とも、チャイコフスキーの曲を加えて四大ヴァイオリン協奏曲ともいわれる傑作です。他の3人も1曲だけですが、ベートーヴェンは、ピアノ協奏曲は5曲も書いているのに、ヴァイオリン協奏曲が1曲だけというのは、ちょっと残念な気もします。
 初演のときには、一般にはなかなか好評だったようですが、批評家の意見は厳しかったようで、その後しばらくはあまり演奏されなかったそうです。名曲には、往々にしてそういうことがありますが、その当時の常識みたいなものをはるかに超えてしまっていたということかもしれません。
 わたしは、この曲では、堂々とした感じの第1楽章も好きですが、それ以上に第3楽章の躍動的でのびやかな感じが好きです。
 チョン・キョンファ/コンドラシン盤は、CD初期の録音で(この曲の最初のデジタル録音のようです。)、彼女の使うガルネリウスの音も美しくとらえられ、いま聞いてもなかなかいいと思います。
 この曲の名盤といわれるものは、古いものが多いのですが、ステレオ録音以降では、スターン盤、オイストラフ盤、シェリング盤、フランチェスカッティ盤、アッカルド盤、クレーメル盤などがあげられると思います。クレーメル盤(アーノンクール指揮)だけが廉価盤だったと思いますが、決定盤のように言われることもあるものです。


MIDI ・ MP3 ・ 着メロ があるラムダ音楽館は、下の URL からどうぞ 。
♪ http://www7a.biglobe.ne.jp/~ramuda921/index.html ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんは♪
このラムダさんの日記を読んで私も幸いに今日、同じ曲を聴くことができました。第1楽章は私も好きです。第3楽章は日記に書いておられるようにとてもよかったです
はるか
2008/12/14 20:50
 はるかさんも、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲をお聞きになったのですか。上の記事には書きませんでしたが、第2楽章では、ちょっと眠くなってしまうことがあります。それは、他の曲でもよくあるのですが、どうも緩徐楽章は苦手です。
ラムダ
2008/12/14 21:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲  ラムダ音楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる