デノンのCDプレーヤー

 きのう、アンプの第1候補は、デノンしようと思うと書きましたが、その結果、CDプレーヤーについて、ちょっと迷っています。
 いままで、CDプレーヤーは、ヤマハのCD-S300を第1候補に考えていたのですが、デノンのアンプのデザインがちょっと変わっているので、CDプレーヤーもデノンのDCD-755SEの方が統一が取れていいのではないかと思ったからです。また、デノンのCDプレーヤーは、きのうアンプのところで書いたように、何代もモデルチェンジを重ねて熟成してきましたから、最廉価モデルであっても十分な性能であろうということもあります。
 ただ、前から書いているように、わたしは、ヤマハのデザインが好きなので、CD-S300は捨てがたいものがあります。いますぐ買うわけではないので、もうしばらくいろいろ考えてみようと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • つき指の読書日記by大月清司

     ぼくもどちらかというと、以前、アナログ時代に所有していた、デノンのアンプ、好きですね。針もよかったですしね
    2009年11月06日 09:41
  • ラムダ

     つき指の読書日記さん、デノンのアンプをお使いでしたか。わたしは、デノン(デンオンといいましたね。)といえば、レコードプレーヤーのイメージが強いです。針というのは、もしかしたら、DL-103のことでしょうか。びっくりしたことに、DL-103は、いまもデノンのカタログに載っているのです。そのことを、これからきょうの記事に書くつもりです。
    2009年11月06日 22:56

この記事へのトラックバック