ラムダ音楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS シューマン 交響曲第3番「ライン」

<<   作成日時 : 2011/09/22 21:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 シューマンの交響曲第3番「ライン」を聞きました。CDは、バーンスタイン盤です。
 シューマンの交響曲は、昔からオーケストレーションがよくないとか、響きがよくないと言われることや、マーラーによる編曲版など、演奏にはいろいろと手を加えられることがあることを、先日、第1番「春」を聞いたときに書きました。しかし、CDの解説によると、バーンスタインは、シューマンのスコアに手を加えるべきではないと主張していたそうです。実際、バーンスタインの演奏で聞いた第1番「春」は、とてもよかったと思います。
 しかし、この「ライン」を聞いたところ、「春」を聞いたときとはまた印象が違いました。それは、曲のせいかもしれません。「ライン」も明るい感じの曲ですが、「春」とは違い、CDの解説には、レンナーの言葉として、『その明るさはガラスのようにもろく、精神には重々しさがある』というような曲だからでしょう。わたしは、聞き終わって、この言葉はこの曲をうまく表現していると思いました。
 バーンスタインの演奏は、冒頭から底力みなぎる充実した演奏といわれていますが、たしかに、雄大な感じがしてよかったと思います。ただ、シューマンのオーケストレーションについてあれこれ言われる代表が、管楽器と弦楽器をたくさん重ねたこの冒頭のようです。ですから、やはり、バーンスタインがうまいのか、わたしがよくわからないのかどちらかだと思います。
 録音は、1984年で十分いいです。この曲もライブ録音ですが、やはり、拍手や咳払いのようなものも入っておらず、ライブ録音という表記がなければ、そのことはわかりません。


MIDI ・ MP3 ・ 着メロ があるラムダ音楽館は、下の URL からどうぞ 。
♪ http://www7a.biglobe.ne.jp/~ramuda921/index.html ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シューマン 交響曲第3番「ライン」  ラムダ音楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる