サティ 4つのしまりのない前奏曲

 サティの4つのしまりのない前奏曲を聞きました。CDは、ロジェ盤です。
 この曲は、「犬のために」という副題もついていますし、「犬のためのぶよぶよとした前奏曲」といわれることもあり、「内奥の声」、「「犬儒派的牧歌」、「犬の歌」、「友情をもって」の4曲からできています。
 サティの曲をいろいろ聞いてきて、へんてこりんな題名をつけるものだと思います。わたしには、曲を聞いても、やはり、題名の内容は想像がつきませんでした。
 ロジェの演奏は、淡い色彩と優雅なスタイルの詩情豊かな名演といわれています。録音は、1983年で十分いいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック