ラムダ音楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS シューマン 「蝶々」

<<   作成日時 : 2013/10/31 23:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 シューマンの「蝶々」を聞きました。CDは、リヒテル盤です。
 リヒテルのシューマンとグリーグのピアノ協奏曲のCDは、普通その2曲だけなのですが、わたしが中古で手に入れたCDは、ジャケットも見たことがなかっただけでなく、ボーナストラックとしてこの曲が入っていたのです。リヒテルの演奏は、名演として知られたものなので、得をした気がします。
 この曲は、約14分というそれほど長くない演奏時間ながら、短い序奏と12曲からできています。ですから、曲調が小刻みに変化します。シューマンが好きなジャン・パウルの小説「生意気盛り」を読んだことが作曲のきっかけになったといわれます。
 リヒテルの演奏は、この曲の決定盤的存在で、みごとなテクニックを駆使した名演といわれています。録音は、1962年とちょっと古くなりましたが、十分いいと思います。ただ、音像が中央にかたまりすぎているので、もう少し広がりがあるといいと思います。


MIDI ・ MP3 ・ 着メロ があるラムダ音楽館は、下の URL からどうぞ 。
♪ http://www7a.biglobe.ne.jp/~ramuda921/index.html ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シューマン 「蝶々」  ラムダ音楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる