ブルックナー 交響曲第8番

 ブルックナーの交響曲第8番を聞きました。CDは、カラヤン/ベルリン・フィル盤です。
 この曲は、1時間半近いので、なかなか聞くことができないのですが、ブルックナーの交響曲のなかでは一番好きな曲です。大きな力のようなものを感じるので、元気が出るのです。そういう点では、年の初めにふさわしい気がします。
 とくに、第4楽章終結部のいくつもの主題が重ね合わさって壮大なクライマックスを築いて終わるところはすばらしく、この最後の部分を聞くためにこの長い曲を聞くような気がするくらいです。
 この曲のCDは、ジュリーニ盤も持っているのですが、カラヤン盤jは、昔レコードで持っていて、この曲を初めて聞いたものです。ほとんど廉価盤しか買わないわたしですが、この曲は、録音が新しいほうがいいだろうと、ちょっと無理をして最新録音盤を買ったものです。そういう点でも懐かしい気がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック