シューマン 交響的練習曲

 シューマンの交響的練習曲を聞きました。CDは、ポリーニ盤です。
 この曲は、田部京子盤を持っているのですが、ポリーニ盤を中古で見つけたので買いました。両盤とも、ブラームスによって出版された第3版により、変奏1~5(遺作)も演奏していますが、田部京子盤は、練習曲9と練習曲10の間に配置し、ポリーニ盤は、練習曲5と練習曲6の間に配置しています。
 ポリーニ盤は、この曲の決定盤的存在で、高い完成度を誇り、シャープで躍動感に満ちた名盤といわれています。録音は、1981年で、十分いいです。ピアノ録音は意外に難しいのではないかと思いますが、この録音は、ピアノらしい音が気持ちいいです。それほどたくさん持っているわけではありませんが、グラモフォンのピアノ録音は、はずれがないような気がします。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック