B&W 603

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、B&Wの603の紹介記事を読みました。
 603は、1本14万円というトールボーイ型スピーカーです。大きな特徴は、上級機で使われたコンティニュアム・コーン素材によるミッドレンジ/ウーハーを採用したことです。コンティニュアム・コーンは、フラッグシップの800D3シリーズで開発されたもので、色付けのない音色が長所で、エントリークラスの600シリーズにもついに投入されました。
 その音はというと、低音の質感とレスポンスが従来機種より向上し、オーケストラやピアノは反応の速い低音とスケール感が両立しているということです。見出しには、「世界に敵なしのハイCP比」とあるように、とてもすぐれたスピーカーのようです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック