「留年し 揺れ 音楽を選んだ」

 きょうの朝日新聞朝刊の「人生の贈りもの」のコーナーは、竹内まりやさんの6回目で「留年し 揺れ 音楽を選んだ」という見出しの記事でした。
 きのう書いた、歌のバイトで破格のギャラをもらったことから、音楽の道に入ったのかと思いましたが、そうではなく、プロにならないかという誘いを受けたのに、そんな気がなかったので断ったそうです。するとこんどは、アマチュアの女性歌手6人を集めてアルバムを作るから歌わないかという話が来ます。1枚限りのものでアルバイトだと思ってと言われて、それならとOKしたそうです。
 その音楽体験が、人生を変えたといいます。留年したのでまともな会社に就職できないだろうという思いと、やっぱり音楽はおもしろいという思いに揺れたようです。そして、親御さんもやってみればいいと言ってくれ、音楽の道を選ぶのです。
 1978年、シングル「戻っておいで・私の時間」とアルバム「BEGINNING」でデビューということになります。わたしは、しばらくしてから「BEGINNING」を買うことになります。当時ですから、とうぜんCDではなく、レコードです。そのころのことも思い出しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント