「ピアニストも個性も生き様も音色ににじむから面白い」

 きょうの朝日新聞夕刊のNext Stageは、「ピアニストも個性も生き様も音色ににじむから面白い」という見出しで、10月4日に公開になる映画「蜜蜂と遠雷」に関係して、河村尚子さんと松岡茉優さんのインタビュー記事でした。
 コンクールに再起をかける元天才少女の栄伝亜夜を演じるのが松岡さんで、その演奏を担当したのが河村さんだそうです。映画では、迫力ある演奏シーンのなかでも、栄伝亜夜が弾くプロコフィエフのピアノ協奏曲第3番が圧巻だということです。松岡さんは、ピアノを習っていたそうですが、先生のマンツーマンの指導を受け、河村さんのレコーディング映像を穴が開くほど見続け、腕がちぎれるのではないかと思ったくらいだったといいます。
 また、他の登場人物のピアノは、福間洸太朗さん、金子三勇士さん、藤田真央さんといったそうそうたる顔ぶれが担当しているということです。
 わたしは、この本を読んでいないので、読んでみたいと思いましたし、映画も見てみたいと思いました。映画は、いずれテレビで放送されてからかもしれませんが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント