R.シュトラウス 「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」

 R.シュトラウスの交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」をひさしぶりに聞きました。CDは、カラヤン盤(1986年録音)です。
 この曲は、R.シュトラウスの交響詩のなかでも楽しくわかりやすいので、好きです。とくに、カラヤン盤は、語り上手という感じなので、なおさらです。もう1枚ケンペ盤を持っていて、これも名盤といわれていますが、カラヤンが好きなこともあり、最近は、カラヤン盤で聞くことが多いのです。録音もいいですから、いっそう楽しいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント