マーク・レヴィンソン No.5805

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、マーク・レヴィンソンのNo.5805の紹介記事を読みました。
 No.5805は、85万円というプリメインアンプです。出力は、125W+125W(8Ω)もあり、圧巻のスピーカー駆動力を持つというように、能率の低いスピーカーもよく鳴らしてくれるようです。デジタル入力も備えていて、MQA のデコーダーも搭載しているということなので、MQA -CDなどの再生もできるようです。
 その音はというと、きめ細かい音で高級感があり、SN比の高さなど現代的な要素も持っているということです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント