エソテリック Grandioso P1X/D1X

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、エソテリックのGrandioso P1X/D1Xの紹介記事を読みました。
 Grandioso P1X/D1Xは、なんと700万円もするという、エソテリックのフラッグシップのセパレート型プレーヤーです。その大きな特徴は、独自設計のディスクリートDACを投入したということです。
 P1Xは、モノラル構成で、D1Xは、電源が独立しているので、プレーヤーシステムだけで4つの筐体が必要です。価格だけでなく、設置スペースという点でも破格の存在と言えます。ですから、現実味がないと書かれています。しかし、メカニズムを一新し、独自設計のDACを積み、コストの壁を取り払って技術の極限に挑戦した意義は大きいとも書かれています。
 音について書かれたいませんが、いったいどんな音がするのでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント