アキュフェーズ A-48

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、アキュフェーズのA-48の紹介記事を読みました。
 A-48は、68万円というステレオパワーアンプです。型番からわかるようにA-47の後継機です。純A級動作で、出力は45W×2(8Ω)~360W×2(1Ω)と大出力で、ブリッジ接続でモノラル化も可能です。それらを可能にしているのは、強力で高効率な電源部と整流回路を持っているからです。SN比は117dBとA-47から1dBアップしています。たった1dBですが、これがなかなかたいへんなことのようです。
 その音はというと、ハイスピードで分解能がアップし、聞こえは繊細で、ウエルバランスなので響きが自然だということです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント