マイテック・デジタル Brooklyn DAC+

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、マイテック・デジタルのBrooklyn DAC+の紹介記事を読みました。
 Brooklyn DAC+は、約25万円というDACプリアンプです。+がついているのは、第2世代ということです。ハイエンドDACチップを搭載し、ハイレゾ音源は、384kHz/32bitまでのPCM、11.2MHzまでのDSDデータの再生に対応しています。MQAデコーダを搭載しているので、MQA-CDの再生にも対応しています。それだけではなく、しばらく前からのレコードブームが背景にあるのか、高精度フォノイコライザーも搭載しています。
 当然のごとく、先日書いたBrooklyn AMPと対になることを想定しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント