マランツ PM-12OSE

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、マランツのPM-12OSEの紹介記事を読みました。
 PM-12OSEは、35万円というプリメインアンプです。これは、2年ほど前に発売されたPM-12がベースとなるモデルで、OSEはオリジナル・スペシャル・エディションを意味するということです。
 PM-12は、価格を先に設定して開発したため、採用できなかった技術や部品があったそうです。そのときにできなかったことを含めて製品をブラッシュアップし、音をよくすることはできないかと取り組んだ結果がPM-12OSEなのです。
 PM-12OSEは、もともとクラスDのアンプで、音が委縮せず、外に向かう感じの解放的な音だということです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント