オヤイデ OCB-1STⅡ

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、オヤイデのOCB-1STⅡの紹介記事を読みました。
 OCB-1STⅡは、約14000円という電源タップです。OCB-1は、1980年代に発売され、電源タップの草分け的存在だったといいます。その後、バリエーションの追加とモデル・チェンジを繰り返し、OCB-1STⅡが、最新モデルというわけです。
 ロングセラーだった旧モデルOCB-1L/i50と比較すると、その差は歴然だといいます。ひとつひとつの音に乗るエネルギーが増えており、旧型では若干団子状に感じられたピアノの和音を明らかにしつつ、きれいなハーモニーを響かせ、弱音がやせ細らず、強奏にも余裕をもつというように、キャパシティが格段に大きくなったということです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント