Next Stage 清塚信也

 きょうの朝日新聞夕刊のNext Stageは、清塚信也さんが取り上げられていました。
 清塚さんは、今年1月から47都道府県をまわるツアーを始めたのですが、新型コロナウイルスの感染拡大にともない休演状態となってしまいます。その間の空いた時間に清塚さんは、シンセサイザーや電子機材をいじって過ごしたそうです。クラシックのピアニストには、この手の楽器に触れない人ももいるそうですが、清塚さんは、その時代の感覚に敏感であるべきだと考えているそうです。
 ベートーヴェンもリストも、常に時代の最先端のものを取り入れていたといいます。彼らがもし現代に生まれていたら、シンセサイザーを大喜びでいじり、打ち込み音楽にも夢中になっていたはず、という発言にはなるほどと思ってしまいました。
 また、清塚さんは、クイーンやエアロスミスなどのロックが大好きだといいます。西洋音楽の文脈では、クラシックというルーツの先にロックがあり、二つは別物ではないといいます。ベートーヴェンの曲には、ほとんどロックと感じるものも少なくないといいます。このあたりはよくわかりませんが、さきほどの時代の最先端のものを取り入れていたということに通じるものがあるのかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント