「密避ける名案 絡みは希薄に」

 きょうの朝日新聞夕刊に、「密避ける名案 絡みは希薄に」という見出しの記事が載っていました。
 この記事は、神奈川県民ホール・オペラ・シリーズにおけるプッチーニの歌劇「トゥーランドット」の演奏会票です。
 見出しに関係するのは合唱で、山水画のようなデザインの3階建ての装置に多くの窓が設けられ、合唱はそこからここに姿を見せ、舞台には20人程度のメンバーしか置いていないということです。苦肉の策だが、名案といえるだろうということです。
 舞台に多くの人間が帰ってきて、所作も不自然ではないということに感動せざるを得ないのが今の時世だともいっています。
 早くコロナウイルスが収まってほしいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント