「深い解釈宿る音 失意を糧に」

 きょうの朝日新聞夕刊に、「深い解釈宿る音 失意を糧に」という見出しの記事が載っていました。
 これは、惜別のコーナーの、8月に92歳で亡くなったレオン・フライシャーについての記事です。
 フライシャーといえば、華々しいキャリアの途中で右手の指が動かなくなり、左手のピアニストとして活動し、70代後半に再起を果たしたことで知られています。
 わたしが知らなかったのは、新日本フィルとの関係です。1989年、招かれると、深い解釈の宿る音色が楽員たちの心をたちまち奪ったといいます。そして、2015年の最後の競演まで、真の技術は楽曲に血を通わせるためにあるのだと、多彩極まる打鍵で伝え続けたということです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント