「作劇巧み 現代的エンタメに」

 きょうの朝日新聞夕刊に、「作劇巧み 現代的エンタメに」という見出しの記事が載っていました。
 これは、11月28日の日生劇場における東京二期会の「メリー・ウィドー」の演奏会評です。
 海外のコメディードラマの吹き替えを思わせる作劇で、日本語上演の問題となりがちなリアリティーのレベルを巧みに設定したといいます。普段オペラを見ない層にも入り込みやすい世界観を提示したということです。
 演出の肝となったのは、言葉を発しない人物の動かし方だったといいます。第1幕では周囲の目線を巧みに使い、場面ごとの中心人物の立場を明快に描いたということです。第2・3幕ではハンナが「ヴィリアの歌」を歌うと、歌詞の内容に合わせて男女の森の精が登場したといいます。本質は維持したまま細部を仕立て直すことで、オペラファン以外にも通用する現代的なエンタメへと磨きなおしてみせたというのです。
 指揮はペトレンコのアシスタントを務める沖澤のどかさんで、東京交響楽団の自発性を尊重しつつ、要所で手綱を引き締め、職人的な音楽づくりに派手さはないが、本作に通底している舞曲の要素を丁寧に掘り下げたということです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント