須川展也 インタビュー

 『レコード芸術』で、須川展也さんのインタビュー記事を読みました。
 最新録音が、バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ(もちろんサクソフォーン独奏です。)ということで、それが話の中心です。
 須川さんは、バッハ演奏には慎重に取り組んできたといいます。好きだから吹くでは済まされない、やるからには意味がないといけない、そのバッハをやる意味が見つかったからこそできたのだそうです。
 バッハのすごいところは、フーガであり、カノンでありという対位法的なところにあり、もうひとつゼクエンツ(楽句の音高を変えて反復進行してゆくことだそうです。)あるといいます。そのゼクエンツは、英語にするとシークェンスで、そこからアルバムタイトルが、バッハ・シークエンスとなったのは、須川さんの思いが込められているのだということです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント