ロジェストヴェンスキー×シャルク版の一夜

 『レコード芸術』の「レコード誕生物語」に、2017年5月、東京芸術劇場、ロジェストヴェンスキー×シャルク版の一夜という記事が載っていました。
 これは、2017年5月19日、東京芸術劇場におけるロジェストヴェンスキー指揮による読売日本交響楽団の演奏会のブルックナーの交響曲第5番のライブ録音に関する記事です。
 ロジェストヴェンスキーは、2月に亡くなったスクロヴァチェフスキの代役でした。演奏されたのがブルックナーの交響曲第5番のシャルク版ということで、ファンの驚きは大きかったといいます。
 そんなこともあり、記事では、シャルク版について詳しく書かれていました。現在、シャルク版は高く評価されていないと思います。しかし、ブルックナーを師とするシャルクには、もちろん改悪しようというつもりはありません。まだ初演の機会を得ていない第5番をなんとか世に出したいと思っていたのです。
 第5番のシャルク版の録音といえば、クナッパーツブッシュのものが有名で、昔レコードでは持っていました。しかし、いまシャルク版のCDは持っていません。記事を読んだら、シャルク版のCDも聞いてみたくなりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント