須川展也 インタビュー

 『レコード芸術』で、須川展也さんのインタビュー記事を読みました。  最新録音が、バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ(もちろんサクソフォーン独奏です。)ということで、それが話の中心です。  須川さんは、バッハ演奏には慎重に取り組んできたといいます。好きだから吹くでは済まされない、やるからには意味がないといけない、そのバッハをやる意味が見つかったからこそできたのだそうです。  バ…

続きを読む