アキュフェーズ E-280

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、アキュフェーズのE-280の紹介記事を読みました。
 E-280は、33万円というプリメインアンプです。
 音質と使い勝手どちらも満足度が高く、スピーカー駆動力も十分という優秀な製品だといいます。1系統のみだがバランス入力をそなえ、オプションボード用のスロットが二つに増えたので、フォノとDACを同時に増設するなど機能拡張の余地も大きいということです。
 AAVA方式のボリュームは、既存の音量調節回路のような音質劣化がなく、初期性能を長期間維持することができるメリットも大きいといいます。静寂の表現力が向上していて、レンジの広い音源も余裕でこなすということです。
 アキュフェーズの製品というと高額のイメージが強いのですが、E-280の価格はそれほどでもないような気がします。それでいてかなりすぐれた内容であるので、驚異的なCP比といえるようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント