アキュフェーズ C-3900

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、アキュフェーズのC-3900の紹介記事を読みました。
 C-3900は、190万円というプリアンプです。
 アキュフェーズの創立50周年記念モデルの第2弾として開発されたもので、同社のプリアンプの最高級型だということです。最も注目すべきことは、デュアル・バランスド・AAVAの搭載だといいます。これは、アキュフェーズ独自の音量調整の回路技術で、一般的な可変抵抗器を使わずに音量を可変するところがポイントだということです。その結果、インピーダンス変化による影響を受けず、高いSN比と低歪率を維持したまま音量を変えんすることができるという大きな魅力を持った回路だそうです。新しいAAVAは、大きく進化を遂げ、画期的なSN比の向上をもたらしているといいます。
 その音はというと、繊細そのもので、ホールトーンが長く、残響成分がきめ細かいので空間再現にすぐれ、ワイドバンド&フラットレスポンスで、さまざまな音楽ジャンルに対して自然な再生音を聞かせる、第1級のプリアンプだということです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント