「大きなチューバ、深淵から甘美な音色を」

 きょうの朝日新聞別冊beに、「大きなチューバ、深淵から甘美な音色を」という見出しの文章が載っていました。  これは、ローム クラシック サイエンスというもので、クラシック音楽の楽器について不定期に紹介しているものです。  今回は、チューバです。チューバという名称は、ローマ時代から使われ、ラテン語の管に由来し、トランペットのようなまっすぐな管の楽器を示したようだということです。産業革命のころ…

続きを読む