『カラヤンとショルティの「仮面舞踏会」』

 『レコード芸術』の「レコード誕生物語」に『カラヤンとショルティの「仮面舞踏会」』が取り上げられていました。  ヴェルディの「仮面舞踏会」は、ボストンを舞台とした植民地の総督が主人公の物語ですが、そのもとになったのは、オベールの歌劇「ギュスターヴ3世もしくは仮面舞踏会」で、実在のスウェーデン国王グスタフ3世が仮面舞踏会の最中に銃撃されて2週間後に没したという事件を扱い、脚色(理由を既婚の国王と…

続きを読む