ベルリオーズ 幻想交響曲

 ベルリオーズの幻想交響曲を聞きました。CDは、クリュイタンス盤です。  幻想交響曲は、いままであまり聞いてこなかったのですが、少し前にミュンシュ盤を聞いたり、小澤征爾さんとサイトウ・キネン・オーケストラの演奏の映像を見たりと、ここのところよく聞いているという感じです。  クリュイタンスの幻想交響曲は、1964年の東京でのライブのほうが有名かもしれませんが、これは1958年のセッション録音で…

続きを読む

ベルリオーズ 序曲「ローマの謝肉祭」

 ベルリオーズの序曲「ローマの謝肉祭」を聞きました。CDは、クリュイタンス盤です。  この曲も、きのうの「海賊」と同じく演奏会用序曲です。失敗に終わってしまった歌劇「ベンヴェヌート・チェッリーニ」のなかの旋律を使って作曲されました。  クリュイタンスの演奏は、エレガントで粋な名演といわれていました。録音は、1961年ですが、いまでも十分いい音です。打楽器の音の実在感など、ちょっと驚くほどです…

続きを読む

ベルリオーズ 序曲「海賊」

 ベルリオーズの序曲「海賊」を聞きました。CDは、クリュイタンス盤です。  この曲は、歌劇などの序曲ではなく、華やかな感じの演奏会用序曲です。わたしは、先日、ケント・ナガノ/モントリオール響の演奏会のアンコールで聞きました。レコード時代に聞いたことがあったか覚えていないのですが、たぶんレコードを持っていなかったのではないかと思います。  曲自体がまだよくわかっていないこともあり、クリュイタン…

続きを読む

ベルリオーズ 幻想交響曲

 ベルリオーズの幻想交響曲を聞きました。CDは、ミュンシュ盤です。  幻想交響曲は、いままであまり聞いてこなかったのですが、先日、小澤征爾さんとサイトウ・キネン・オーケストラの演奏の映像を見たばかりです。  ミュンシュの演奏は、昔から決定盤的存在です。わたしには、まだそのよさが十分にはわかりませんでした。違和感などはなかったので、やはり、名演なのでしょう。  録音は、1967年ですが、いま…

続きを読む

ベルリオーズ 「イタリアのハロルド」

 ベルリオーズの交響曲「イタリアのハロルド」を聞きました。CDは、バーンスタイン盤です。  この曲は、独奏ヴィオラつきの交響曲というめずらしい形の作品です。作曲に関するエピソードとしては次のような話があります。パガニーニが、ストラディバリウスのヴィオラを手に入れたこともあって、独奏ヴィオラつきの管弦楽作品の作曲をベルリオーズに依頼しました。しかし、できあがった第1楽章を見たパガニーニは満足せず…

続きを読む