レスピーギ 「ローマの噴水」

 レスピーギの交響詩「ローマの噴水」を聞きました。CDは、デュトワ盤です。  この曲は、オーケストレーションの達人といわれたレスピーギのローマ三部作の第一作です。数多くあるローマの噴水のなかから四つを選び、明け方から日暮れまでの情景を表現しています。  第1部夜明けのジュリア谷の噴水は、夜が明けてゆく牧歌的な情景のなかの噴水を描いています。第2部朝のトリトーネの噴水は、朝の日差しのなかで踊る…

続きを読む

レスピーギ リュートのための古風な舞曲とアリア

 レスピーギのリュートのための古風な舞曲とアリア(全曲)を聞きました。CDは、小澤征爾盤です。  レスピーギは、聖チェチーリア音楽院の教授となったことにより、音楽院の図書館で古い音楽をいろいろと研究して、それを自分の作曲に生かしていきました。この曲も、その大きな成果の一つです。リュートというのは、古い弦楽器で、ギターや琵琶の先祖のような楽器です。題名からすると、この曲は、そのリュートのために作…

続きを読む

レスピーギ 「ローマの祭り」

 レスピーギの交響詩「ローマの祭り」を聞きました。CDは、デュトワ盤です。  この曲は、レスピーギの代表作であるローマ三部作の第三作です。ヨーロッパの人々には、いまでも古代ローマ帝国へのあこがれのようなものがあるといわれますが、イタリア生まれのレスピーギにもそういう部分があったようで、ローマを題材に三部作を作ったのです。この曲は、三部作のなかでも管弦楽の規模が一番大きくなっています。  第1…

続きを読む

レスピーギ 「ローマの松」

 レスピーギの交響詩「ローマの松」を聞きました。CDは、デュトワ盤です。  この曲は、オーケストレーションの達人といわれたレスピーギのローマ三部作の第二作です。ヨーロッパの人々には、いまでも古代ローマ帝国へのあこがれのようなものがあるといわれますが、イタリア生まれのレスピーギにもそういう部分があったようで、四か所の松を通して、古代ローマを幻想的に描こうとしたものです。  第1部ボルジア荘の松…

続きを読む