「タンホイザー」のBDを作成

 先日、NHK-BSプレミアムで放送され録画した、ワーグナーの歌劇「タンホイザー」のBDを作りました。  これは、バイロイト音楽祭2019における新制作による開幕公演です。タンホイザーをステファン・グールド、エリーザベトをリーゼ・ダヴィドセン、ヴェーヌスをエレナ・ツィトコーワが歌い、トビアス・クラッツァーが演出、ワレリー・ゲルギエフが指揮したものです。  編集をしながら見えた範囲では、最近よ…

続きを読む

ワーグナー 「ニュルンベルクのマイスタージンガー」

 ワーグナーの楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」を見ました。  これは、2017年のバイロイト音楽祭の開幕公演をNHKが放送したもので、しばらく前にBDを作ってあったのに見るのを忘れていました。わたしは、前奏曲は、好きでよく聞いていたのですが、楽劇全曲のレコード、CDは持っていませんでしたし、見るのも初めてです。  初めてこの楽劇を見る者にとって、この演出は、わかりにくいところがあり…

続きを読む

「ウェルテル」のBDを作成

 先日録画した、マスネ の歌劇「ウェルテル」のBDを作りました。  これは、ウェルテルをフアン・ディエゴ・フローレス、シャルロットをアンナ・ステファニーが歌い、コルネリウス・マイスターが指揮をしたチューリヒ歌劇場の2017年4月の公演です。  BDを作るにあたって見えた限りは、衣装や舞台装置などはオーソドックスな感じだったと思います。時代設定は18世紀のはずで、衣装や舞台装置などがそのころの…

続きを読む

「ニュルンベルクのマイスタージンガー」のBDを作成

 先日録画したワーグナー の楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」のBDを作りました。  これは、バイロイト音楽祭2017の公演で、ハンス・ザックスをミヒャエル・フォレが、ワルター・フォン・シュトルチングをクラウス・フロリアン・フォークトが、エヴァをアンネ・シュヴァーネヴィルムスが歌い、フィリップ・ジョルダンが指揮を、バリー・コスキーが演出を担当しています。  編集しながらわかったことは…

続きを読む

「蝶々夫人」のBDを作成

 先日録画した、プッチーニの歌劇「蝶々夫人」のBDを作りました。  これは、2016年12月7日におこなわれたミラノ・スカラ座の開幕公演です。蝶々さんをマリア・ホセ・シーリ、スズキをアンナリーザ・ストロッパ、ピンカートンをブライアン・イーメル、シャープレスをカルロス・アルバレスが歌い、シャイーが指揮をしています。  編集しながら見えた範囲では、舞台装置はしっかりしたもののようです。舞台奥を二…

続きを読む

「セビリアの理髪師」のBDを作成

 あけましておめでとうございます。ことしもよろしくお願いします。  しばらく前に録画したロッシーニの歌劇「セビリアの理髪師」のBDをやっと作りました。  これは、、グラインドボーン音楽祭2016の公演で、フィガロをビヨルン・ビュルガー、ロジーナをダニエル・ドゥ・ニース、アルマヴィーヴァ伯爵をテイラー・ステイトン、バルトロをアレッサンドロ・コルベルリが歌い、エンリケ・マッツォーラが指揮をし…

続きを読む

「パルシファル」のBDを作成

 しばらく前に録画した「パルシファル」のBDをやっと作りました。  これは、バイロイト音楽祭2016の公演で、パルシファルをクラウス・フロリアン・フォークト、アンフォルタスをライアン・マッキニー、クリングゾルをゲルト・グロホウスキ、クンドリをエレーナ・パンクラートヴァが歌い、ハルトムート・ヘンヒェンが指揮したものです。  編集をしながら少し見えたところでは、服装は現代的でしたが、まったくいま…

続きを読む

「ペレアスとメリザンド」のBDを作成

 先日放送され録画したドビュッシー の歌劇「ペレアスとメリザンド」のBDを作りました。  これは、エクサン・プロバンス音楽祭2016の公演で、ペレアスをステファヌ・ドゥグー、メリザンドを バーバラ・ハンニガン、ゴローをローラン・ナウリが歌い、フィルハーモニア管弦楽団をエサ・ペッカ・サロネンが指揮したものです。  編集しながら見えた範囲では、舞台装置や衣装がしっかりしたものだったようです。時代…

続きを読む

レオンカヴァルロ 「道化師」

 しばらく前に録画し、先日BDを作ったレオンカヴァルロの歌劇「道化師」を見ました。  これは、先日見たマスカーニの歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」とともにおこなわれた、ザルツブルク復活祭音楽祭2015の公演で、カウフマンなどの出演、ティーレマン指揮のドレスデン国立歌劇場管弦楽団による演奏です。  舞台も同じく六分割されていました。プロローグのときに、その六分割された舞台が組み立てられてい…

続きを読む

マスカーニ 「カヴァレリア・ルスティカーナ」

 しばらく前に放送され、先日BDを作ったマスカーニの歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」を見ました。  これは、ザルツブルク復活祭音楽祭2015の公演で、カウフマンなどの出演、ティーレマン指揮のドレスデン国立歌劇場管弦楽団による演奏です。  演出上の大きな特徴は、舞台が六分割されていることです。三つずつ2階建てになっていて、六つの部屋というか窓のようでもあります。その一つ一つで、街角、教会、…

続きを読む

「カヴァレリア・ルスティカーナ」・「道化師」のBDを作成

 先日録画した、マスカーニの歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」とレオンカヴァルロの歌劇「道化師」のBDを作りました。  これは、ザルツブルク復活祭音楽祭2015の公演で、カウフマンなどの出演、ティーレマン指揮のドレスデン国立歌劇場管弦楽団による演奏です。  編集しながら見えたところでは、舞台が六分割されているようでした。どういう感じなのかはわかりませんでしたから、見るときによく確認しようと…

続きを読む

「椿姫」のBDを作成

 先日放送されて録画した、ヴェルディの歌劇「椿姫」のBDを作りました。  これは、2005年のザルツブルク音楽祭の公演で、ヴィオレッタをアンナ・ネトレプコ、アルフレードをロランド・ビリャソンが歌っています。  この公演は、大きな話題になったと思いますが、編集しながら見えた範囲では、現代的な衣装、大道具・小道具の少ないシンプルな舞台で、あまりわたし好みではないようカキがしました。ちょっと気にな…

続きを読む

「トリスタンとイゾルデ」のBDを作成

 先日録画した、ワーグナーの楽劇「トリスタンとイゾルデ」のBDを作りました。  これは、バイロイト音楽祭2015の公演で、トリスタンを スティーヴン・グールド、イゾルデを エヴェリン・ヘルリツィウスが歌い、指 揮はティーレマンです。  編集をしながら見えた範囲では、第1幕で階段と通路のような構造物があるのですが、どういう意味なのかなと思いました。また、衣装も現代的だっただろうと思います。そう…

続きを読む

「風立ちぬ」の音響

 先日録画してBDを作った、スタジオジブリの映画「風立ちぬ」を見ました。  映画のDVD・BDを見るときには、AVアンプを使って5.1chサラウンドに変換することが多く、この作品は、飛行機が飛ぶシーンがあるだろうと思い、変換して見ました。しかし、音の広がりが感じられず、なんだか変だなと思いました。BDの音とDVDの音が違うのかと思ったり、BDプレーヤーの設定が違うのかと思ったりして、いろいろい…

続きを読む

「かぐや姫の物語」の音響

 先日録画してBDを作った、スタジオジブリの映画「かぐや姫の物語」を見ました。  映画のDVD・BDを見るときには、AVアンプを使って5.1chサラウンドに変換することが多いのですが、この作品は、音響的にそれほどでもないだろうと、おうちゃくをして2.1chステレオで見ました。しかし、BDのおかげか、音はよく、とくに虫たちの声やその広がりは、たいしたものでした。5.1chサラウンドに変換すべきだ…

続きを読む

「フィデリオ」のBDを作成

 先日録画した「フィデリオ」のBDを作りました。  編集しながら見えたところでは、服装が現代のものだったのがちょっと残念でした。録画したときに書いたように、わたしは、「フィデリオ」を実演や映像ではまだ見たことがないのです。ただでさえ、歌劇はオーソドックスな演出がいいと思っているので、初めて見るものでは、よりいっそうそう思います。違和感を感じるような場合は、DVDやBDを作らないこともありますが…

続きを読む

R.シュトラウス 「アラベラ」

 先日BDを作った、R.シュトラウスの歌劇「アラベラ」をようやく見ました。  これは、ザルツブルグ復活祭音楽祭2014の公演で、アラベラをルネ・フレミング、マンドリカをトマス・ハンプソンが歌い、オーケストラはドレスデン国立歌劇場管弦楽団、指揮はクリスティアン・ティーレマンです。  演出は、オーソドックスでよかったと思います。舞台装置はやや簡素だったかもしれませんが、衣装はそれらしくてよかった…

続きを読む

BDの音声

 BDにダビングしたドラマを見たところ、音がいままでよりもいいように感じました。  BDレコーダーを買ったのは、去年の3月なのですが、BDへのダビングを始めたのは、ついこないだで、それをまともに見るのはほとんど初めてです。DVDのときに、その音が悪いと思ったことはありませんし、同じ番組をDVDで見たわけではありませんから、BDの音がとくにいいのかどうかははっきりはわかりません。  しかし、ま…

続きを読む

「アラベラ」のBDを作成

 R.シュトラウスの歌劇「アラベラ」のBDを作りました。  この「アラベラ」は、6月にNHK-BSプレミアムで放送された、ザルツブルグ復活祭音楽祭2014の公演で、アラベラをルネ・フレミング、マンドリカをトマス・ハンプソンが歌い、オーケストラはドレスデン国立歌劇場管弦楽団、指揮はクリスティアン・ティーレマンといった豪華な顔合わせです。  録画したままDVDも作らず、見もしないでそのままになっ…

続きを読む

初めてBD-Rを購入

 初めてBD-Rを買いました。  去年の3月にBDレコーダーを買ったのですが、DVD-Rが焚くkさん残っていたので、録画したものをダビングするのにはDVDを使っていました。再生するBDプレーヤーのアップコンバート機能が優秀なので、DVDでも画質に不満はなかったのです。  DVD-R の残りがわずかとなったので、BD-Rを買うことにしました。BDになるとハイビジョンのまま残しておくことができ…

続きを読む

ケーゲルのベートーヴェン交響曲全集 BDオーディオ

 HMVからケーゲルのベートーヴェン交響曲全集を紹介したメールマガジンが届きました。  わたしは、そういったものをあまり見ないのですが、これは普通のCDではなく、BDオーディオだというので読んでみようと思いました。  紹介の文章では、平林直哉さんの文章が中心になっていて、この全集がCDで発売されたときは、すぐれた演奏だと思って否かそうですが、SACDとなったときにその考えが大きく変わったとの…

続きを読む

BDプレーヤーでAVCRECが再生できない

 BDプレーヤーでAVCRECが再生できないのでがっかりしました。  先日、BDレコーダーを買ったので、試しに番組を編集してDVD-RWにAVCREC方式で書き込んでみました。ところが、BDプレーヤー、ソニーのBDP-S370で再生することができませんでした。  いろいろ調べた結果、AVCREC方式は、再生できるプレーヤーが少ないということがわかりました。とくにソニーはほとんど対応していない…

続きを読む

BDオーディオ

 「レコード芸術」で、BDオーディオの視聴記を読みました。  BDオーディオとは、以前にも書いたことがあると思いますが、ブルーレイディスクに映像を入れずに音声だけを入れるというものです。BDは大容量ですから、ハイレゾ音源も入れることができるのです。ハイレゾ音源は、配信でという方向で始まりましたが、ここにきてBDオーディオが登場してきた理由として、フランスを中心にBDプレーヤーが普及しているので…

続きを読む

初めてのBD

 初めてBD(ブルーレイディスク)を見ました。  先日、ツタヤで本を買ったときに、DVDレンタル無料券をもらいました。よく見ると、小さな字でBDでもいいということが書かれていたので、借りてみようと思ったのです。  3月にBDプレーヤーを買ったのですが、それはDVDのアップスケーリング機能を使いたくて買ったので、いままでBDを見たことがありませんでした。  初めて見たBDの印象は、「レコード…

続きを読む

BDP-S370の画面が縦長になる不具合を解決

 ソニーのBDプレーヤー、BDP-S370の画面が縦長になる不具合を解決しました。  BDP-S370を買ったのは3月末なのですが、DVDを見ていて初めて不具合に気がつきました。画面の縦方向だけ拡大されてしまうのです。初めて気がついたというのは、いままで見ていたDVDではその症状は起きなかったのです。そこでいろいろなDVD(市販のものではなく、録画したものです。)を確認してみましたが、いままで…

続きを読む

BDはそれほど普及していない

 BDはそれほど普及していないようです。  きょうの朝日新聞夕刊の、赤川次郎さんの連載「三毛猫ホームズと芸術三昧」にそんなことが書かれていました。テレビ番組を録画して見るだけなら、普通のDVDレコーダーで十分と考える人が多いようです。同じことは、SACDにおいてもいえるようです。CDで十分と。  たしかに、わたしも同じように考えています。アナログ放送がもうすぐ終了することもあり、来年くらいに…

続きを読む

ソニー BDP-S370

 先日買ったソニーのBDプレーヤーBDP-S370をしばらく使ってみての感想です。  買うにあたっては、他社の機種を含めて、紙のカタログを集め、インターネット上の評判もチェックし、何回か店舗で実機も見てみました。その結果、想像通りの性能・使い勝手に満足しています。  わたしが一番期待していたのは、まだBDを持っていないので、DVDのアップスケーリング機能です。デジタル放送を録画したDVDの画…

続きを読む

BDプレーヤー ソニーBDP-S370を購入

 ソニーのBDプレーヤーBDP-S370を買いました。  以前書いたことがあるように、このBDP-S370を買うことは去年の9月の発売のころから考えていました。それは、BD(ブルーレイディスク)の再生のためではなく、CPRM対応のDVDの再生のためです。我が家のDVDプレーヤーは、古いおかげでデジタル放送を録画したCPRM対応のDVDを再生することができないのです。最近は録画もデジタル放送が中…

続きを読む

「椿姫」のBDが950円

 HMVのオンラインショッピングサイトを見ていたら、先日放送されてDVDを作った、ヴィオレッタをゲオルギューが歌った、ミラノ・スカラ座の「椿姫」のBD(ブルーレイディスク)が950円で売られているのを見つけました。  CDの廉価盤と同じような値段は、BDとしては破格と言っていいと思います。DVDを作ったとはいえ、この値段なら買ってもいいかなと考え、購入を検討しています。輸入盤ですが、日本語の字…

続きを読む