リスト 超絶技巧練習曲

 リストの超絶技巧練習曲を聞きました。CDは、アラウ盤です。  超絶技巧練習曲は、名前の通り、リストが自分の超絶技巧を誇示するために作曲した、とても難度の高い12曲からなる曲集です。普通演奏されるのは第3稿ですが、第1稿はリストが15歳のときに出版されたといいますから驚きます。  アラウの演奏は、やや遅めのテンポながら、荒々しい感じといわれていると思います。しかし、録音したときにはもう70歳…

続きを読む

リスト ピアノソナタ

 リストのピアノソナタを聞きました。CDは、アルゲリッチ盤です。  この曲は、リストがただ1曲だけ作曲したピアノソナタです。当時はピアノソナタの人気があまりなかったというせいもあるのでしょう。しかし、リストは、この曲をひじょうにこった構造にしました。その斬新さは、当時あまり受け入れられなかったようで、この曲はシューマンに献呈されましたが、その妻クララは、酷評していたようです。  わたしは、た…

続きを読む

リスト ハンガリー狂詩曲第2番

 リストのハンガリー狂詩曲第2番を聞きました。。CDは、先日買ったカラヤン盤です。  ハンガリー狂詩曲は、初めピアノ独奏曲として19曲作られ、そのうちの6曲が管弦楽曲に編曲されました。ただ、編曲は、リスト一人ではなく、弟子や友人とともに行われました。この第2番は、踊りの曲であるチャルダッシュにもとづいて作られています。  カラヤンの演奏は、昔から決定盤的存在で、知的に曲を解釈していると言われ…

続きを読む

リスト 「前奏曲」

 リストの交響詩「前奏曲」を聞きました。CDは、先日買ったカラヤン盤です。  この「前奏曲」というのは、フランスの詩人ラマルティーヌの詩の題名で、曲はその詩の内容にだいたい沿って作られています。その内容というのは、わたしたちの人生は、死への前奏曲にすぎない、というものです。  曲を聞いてみて、わたしは、そのことはよくわかりませんでしたが、山あり谷ありといったところは少し感じられました。  …

続きを読む

リスト ピアノ協奏曲第1・2番

 リストのピアノ協奏曲第1・2番を聞きました。CDは、もちろんリヒテル盤です。  きのう、リヒテルのCDを何枚か持っていると書いてしまいましたが、持っているのは、このCDだけでした。レコード時代に、チャイコフスキー、シューマン、グリーグ、リストの協奏曲、ベートーヴェンのソナタなどを持っていたので、かんちがいしていました。  第1番の出だしから、堂々としたところがリヒテルらしいというか強靭な感…

続きを読む

リスト ピアノ協奏曲第1番

 リストのピアノ協奏曲第1番を聞きました。CDは、リヒテル盤です。  この曲は、第4楽章までありますが、比較的短いうえに、続けて演奏されるため1楽章の曲のようにも感じます。第3楽章では、めずらしいことにトライアングルが活躍するので、トライアングル協奏曲などといわれたこともあるそうです。  この演奏は、レコード時代から、アルゲリッチ盤と並ぶ名盤といわれていました。わたしは、レコードも持っていま…

続きを読む