「チャイコフスキー 苦しみの大叙事詩を」

 きょうの朝日新聞夕刊に、「チャイコフスキー 苦しみの大叙事詩を」という見出しの記事が載っていました。  これは、80歳を迎える小林研一郎さんが、チャイコフスキーの交響曲全曲演奏に取り組むという記事です。まず、驚いたのは、小林さんが80歳を迎えるということです。写真も載っていますが、とても80歳を迎えるとは思えません。そして、そのお年で、チャイコフスキーの交響曲全曲演奏に取り組むということにも…

続きを読む

ハイフェッツのチャイコフスキー

 チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を聞きました。CDは、ハイフェッツ/ライナー盤です。  ハイフェッツ/ライナー盤は、昔からこの曲の決定盤的存在です。ハイフェッツの演奏は、冷たいなどと言われることもありますが、完璧なテクニック、透明な音色がすばらしいといわれます。  わたしには、それらのことはよくわかりませんが、速めのテンポで爽快な感じがします。ですから、この曲のCDは他に3枚持っている…

続きを読む

チャイコフスキー 「ロメオとジュリエット」

 チャイコフスキーの幻想序曲「ロメオとジュリエット」を聞きました。CDは、カラヤン盤です。  この曲は、題名の通り、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の物語を音楽で表現したものです。20分と少しという短い間に、ローレンス修道士を表す序奏から、ヴェローナの町の様子、モンタギュー家とキャピュレット家の争い、ロメオとジュリエットの愛の場面、乳母、服毒と埋葬、地下室を表現した後、悲劇的な結末まで…

続きを読む

チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番

 チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番を聞きました。CDは、ホロヴィッツ/トスカニーニ盤です。  このホロヴィッツ/トスカニーニの演奏は、昔から名演として知られていて、レコード時代にも持っていました。しかし、ホロヴィッツとトスカニーニには悪いのですが、それほどほしかったわけではなく、「展覧会の絵」のカップリングとしてついてきたという感じなのです。というのは、わたしは、モノラルの演奏をあまり聞き…

続きを読む

チャイコフスキー 交響曲第3番「ポーランド」

 チャイコフスキーの交響曲第3番「ポーランド」を聞きました。CDは、マゼール盤です。  「ポーランド」という題名は、第5楽章にポーランドの民族舞曲であるポロネーズが使われていることに由来します。チャイコフスキーがロンドンの演奏会に招かれたときに、この題名が使われ、チャイコフスキーも異議を唱えなかったので、定着したのです。また、この曲は、チャイコフスキーの6曲の交響曲中唯一長調(ニ長調)で書かれ…

続きを読む

チャイコフスキー 交響曲第2番「小ロシア」

 チャイコフスキーの交響曲第2番「小ロシア」を聞きました。CDは、マゼール盤です。  この曲を作曲したころのチャイコフスキーは、こなあとに有名なピアノ協奏曲第1番なども作曲されるように、ようやく作曲家として充実した時期を迎えました。この曲は、第1番と違い、トラブルもなく、初演も成功だったようですが、その後大幅な改訂をおこない、現在は普通その改訂版で演奏されます。  「小ロシア」という題名は、…

続きを読む

チャイコフスキー 交響曲第1番「冬の日の幻想」

 チャイコフスキーの交響曲第1番「冬の日の幻想」を聞きました。CDは、マゼール盤です。  この曲は、完成後、アントン・ルビンシテインに楽譜を見せたのですが、たいへん不評で、チャイコフスキーは、改訂をすることになります。CDの解説にもありますが、チャイコフスキーの有名曲の多くは、ピアノ協奏曲、ヴァイオリン協奏曲のように、認められるまでにいろいろなトラブルがあることが多いものです。この曲も同じなの…

続きを読む

チャイコフスキー 交響曲第5番

 チャイコフスキーの交響曲第5番を聞きました。CDは、ストコフスキー盤です。  ストコフスキーは、映画「オーケストラの少女」の冒頭でこの曲の第4楽章を演奏しているので、この曲との結びつきが強いと思っています。また、先日も書いたように、ストコフスキーが残した録音のなかでは高く評価されているものです。  わたしは、この曲が好きで、カラヤン盤(1984年録音)が一番気に入っています。といっても、C…

続きを読む

チャイコフスキー 「白鳥の湖」

 チャイコフスキーの組曲「白鳥の湖」を聞きました。CDは、カラヤン/ベルリンフィル盤です。  この曲も、カラヤン/ウィーンフィル盤をもっていて、それで十分満足していたのですが、先日、中古CDを買ったとき、5枚買うとそれぞれ200円引きというセールをやっていて、わずか180円になるという安さだったので、買ってしまいました。ウィーンフィル盤よりも評価が高いことも知っていましたし。  カラヤンの演…

続きを読む

チャイコフスキー 「眠りの森の美女」

 チャイコフスキーの組曲「眠りの森の美女」を聞きました。CDは、カラヤン/ベルリンフィル盤です。  この曲も、カラヤン/ウィーンフィル盤をもっていて、それで十分満足していたのですが、先日、中古CDを買ったとき、5枚買うとそれぞれ200円引きというセールをやっていて、わずか180円になるという安さだったので、買ってしまいました。ウィーンフィル盤よりも評価が高いことも知っていましたし。  この曲…

続きを読む

チャイコフスキー 「くるみ割り人形」

 チャイコフスキーの組曲「くるみ割り人形」を聞きました。CDは、カラヤン/ベルリンフィル盤です。  この曲は、カラヤン/ウィーンフィル盤をもっていて、それで十分満足していたのですが、先日、中古CDを買ったとき、5枚買うとそれぞれ200円引きというセールをやっていて、わずか180円になるという安さだったので、買ってしまいました。ウィーンフィル盤よりも評価が高いことも知っていましたし。  聞いて…

続きを読む

チャイコフスキー 「ロメオとジュリエット」

 チャイコフスキーの幻想序曲「ロメオとジュリエット」を聞きました。CDは、カラヤン盤です。  この曲は、題名の通り、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を題材として作曲されました。序奏の荘重な音楽はローレンス修道士を表し、続いてヴェローナの町が描かれ、激しい音楽はモンタギュー家とキャピュレット家の争いで、甘美な音楽でロメオとジュリエットの恋を描き、いろいろなできごとの後、悲劇的な結末に至り…

続きを読む

チャイコフスキー 「ハムレット」

 チャイコフスキーの幻想序曲「ハムレット」を聞きました。CDは、バーンスタイン盤です。  この曲は、題名の通りシェイクスピアの「ハムレット」を題材としています。ハムレットやオフィーリアを表す旋律がありますが、自由な形式で書かれ、それほど標題にとらわれていないようです。また、「ハムレット」については、劇のための付随音楽も作曲しているそうです。  CDの解説によると、チャイコフスキーは、たいへん…

続きを読む

チャイコフスキー 「偉大な芸術家の思い出のために」

 チャイコフスキーのピアノ三重奏曲 「偉大な芸術家の思い出のために」を聞きました。CDは、ス-ク・トリオ盤です。  題名の「偉大な芸術家」とは、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番を演奏不可能と酷評した、ニコライ・ルービンシュタインのことです。そんなことがありながら、チャイコフスキーは、ルービンシュタインのことをピアニスト、教育者として高く評価していたのです。ですから、ルービンシュタインの死に…

続きを読む

カラヤンのチャイコフスキー交響曲第4番

 チャイコフスキーの交響曲第4番を聞きました。CDは、カラヤン盤(1971年録音)です。  この第4番は、強奏で音が歪むと有名な録音です。しかし、それでもこのテイクを採用したことは正解と言われてきました。というのは、1971年録音のこのチャイコフスキーの交響曲第4・5・6番は、カラヤンにしては珍しく熱い演奏と言われていますが、そのなかでもこの第4番、とくに第4楽章の熱狂はたいへんなものと言われ…

続きを読む

カラヤンの「悲愴」

 チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」を聞きました。CDは、カラヤン盤(1971年録音)です。  カラヤンのこの1971年録音は、熱い演奏といわれ、「悲愴」では第3楽章がとくにそうだといわれています。わたしが「悲愴」を聞く中心は、本質的ではないのでしょうが、その第3楽章です。そのほかの楽章は、いまだによくわかりません。  この第3楽章は、たしかに熱い演奏という感じがしますが、録音のせいかリ…

続きを読む

カラヤンのチャイコフスキー交響曲第5番

 チャイコフスキーの交響曲第5番を聞きました。CDは、届いたばかりのカラヤン盤(1971年録音)です。  この1971年録音のカラヤン盤は、カラヤンにしては珍しく、ライブのような熱い演奏といわれています。そのことがCDの解説にも書かれていました。カラヤンは、レコードやCDは家庭で繰り返し聞かれるものなので、演奏会とは違う演奏を録音したといわれています。わたしは、その考え方がいいと思います。その…

続きを読む

映画「チャイコフスキー」を録画

 NHK-BSプレミアムで放送された、映画「チャイコフスキー」を録画しました。  予約をしたときには、調べもせず、題名からチャイコフスキーに関係した映画だろうという程度の意識でした。ちょっと調べてみたら、1970年のソ連映画で、チャイコフスキーの生涯を描いた伝記映画だそうです。  チャイコフスキーの音楽は、好きなものが多いのですが、その生涯については、それほど知っているわけではないので、見る…

続きを読む

バレエ組曲「眠りの森の美女」

 チャイコフスキーのバレエ組曲「眠りの森の美女」を聞きました。CDは、ロストロポーヴィチ盤です。  この曲も、きのうの「白鳥の湖」と同じく、カラヤン盤を持っていて、このロストロポーヴィチ盤を買おうとは思っていなかったのですが、2枚組のチャイコフスキーの作品集のなかにいっしょに入っていたのです。  この曲も、ずいぶんひさしぶりに聞きました。もともと「白鳥の湖」・「くるみ割り人形」にくらべて、曲…

続きを読む

バレエ組曲「白鳥の湖」

 チャイコフスキーのバレエ組曲「白鳥の湖」を聞きました。CDは、ロストロポーヴィチ盤です。  この曲は、カラヤン盤を持っていて、とくに不満もなかったので、このロストロポーヴィチ盤を買おうとは思っていなかったのですが、リヒテル/カラヤンのピアノ協奏曲第1番をさがしていたところ、2枚組のチャイコフスキーの作品集を見つけ、そのなかにいっしょに入っていたのです。  この曲は、ずいぶんひさしぶりに聞き…

続きを読む

チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲

 チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を聞きました。CDは、クレーメル/マゼール盤です。  チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は、数あるヴァイオリン協奏曲のなかで、わたしが一番好きな曲です。ハイフェッツ盤、2種のチョン・キョンファ盤を持っているので、新たにCDを増やそうとは思っていなかったのですが、チャイコフスキー作品集にいっしょに入っていたという感じです。  クレーメル/マゼールの演奏は…

続きを読む

チャイコフスキー 「イタリア奇想曲」

 チャイコフスキーの「イタリア奇想曲」を聞きました。CDは、ドラティ盤です。  この曲は、バーンスタイン盤を持っていて、演奏に不満はなく録音もいいので、新たにCDを買おうとは思っていませんでしたが、チャイコフスキー作品集にたまたま入っていたという感じです。  ドラティ盤でびっくりしたのは、録音です。録音は、1955年とステレオ最初期のものなのです。1955年といえば、まだモノラル録音のほうが…

続きを読む

チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番

 チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番を聞きました。CDは、リヒテル/カラヤン盤です。  この曲は、ピアノ協奏曲のなかでももっとも好きな曲の一つです。アルゲリッチ/コンドラシン盤、ボレット/デュトワ盤を持っていたのですが、昔、レコードで持っていたこのリヒテル/カラヤン盤がほしくなり、買いました。  リヒテル/カラヤン盤は、昔からこの曲の決定盤的存在として知られ、2人の巨匠のスリリングな共演な…

続きを読む

ムラヴィンスキーのチャイコフスキー「悲愴」

 チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」を聞きました。CDは、ムラヴィンスキー盤です。  この曲のCDは、カラヤン盤(1976年録音)とジュリーニ盤を持っていて、カラヤン盤がレコード時代からのお気に入りです。ただ、レコード時代にはこのムラヴィンスキー盤も持っていました。  ムラヴィンスキーの演奏は、明快でさわやかといわれていました。ロシア的かどうかということは、人により判断が分かれます。わた…

続きを読む

ムラヴィンスキーのチャイコフスキー交響曲第5番

 チャイコフスキーの交響曲第5番を聞きました。CDは、ムラヴィンスキー盤です。  この曲はカラヤン盤(1984年録音)を持っていて、十分満足していました。しかし、その1枚だけなので、他の演奏もできたらほしいと思っていました。そのうちストコフスキー盤でも買おうかなと思っていたのですが、ムラヴィンスキーによる後期三大交響曲集の3枚組の中古CDの掘り出し物を見つけることができてよかったと思います。レ…

続きを読む

ムラヴィンスキーのチャイコフスキー交響曲第4番

 チャイコフスキーの交響曲第4番を聞きました。CDは、ムラヴィンスキー盤です。  この曲はすでにカラヤン盤、オーマンディ盤と2枚持っていたので、さらにほしいとは思っていなかったのですが、ムラヴィンスキーによる後期三大交響曲集の3枚組の中古CDが950円という安さだったので、買ってしまいました。わたしは、チャイコフスキーの交響曲は、カラヤンの演奏が好きなのですが、レコード時代にはムラヴィンスキー…

続きを読む

チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲

 チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を聞きましたCDは、ハイフェッツ/ライナー盤です。  この曲は、ベートーヴェン、メンデルスゾーン、ブラームス(この3曲が3大ヴァイオリン協奏曲)のヴァイオリン協奏曲とともに4大ヴァイオリン協奏曲といわれます。そのように現在は名曲とされますが、作曲・初演時の評判はさんざんでした。チャイコフスキーから完成した楽譜を見せられたヴァイオリニストのアウアーは、この曲…

続きを読む

チャイコフスキー 「イタリア奇想曲」

 チャイコフスキーの「イタリア奇想曲」を聞きました。CDは、バーンスタイン盤です。  この曲は、チャイコフスキーが、短い結婚生活に終止符を打ったあと、気分転換に弟とともにイタリアに旅行したことがきっかけとなって作曲されました。奇想曲とは、自由な形式の曲で、イタリアの民謡やリズムが多く取り入れられています。そのせいか、チャイコフスキーにしてはめずらしく、明るい感じのする曲です。  バーンスタイ…

続きを読む

チャイコフスキー 「白鳥の湖」

 チャイコフスキーのバレエ音楽「白鳥の湖」(抜粋)を聞きました。CDは、カラヤン/ウィーンフィル盤です。  この曲は、ムゼウスの童話をもとにした4幕のバレエのための音楽として書かれました。あらすじは、悪魔ロッドバルトによって白鳥に変えられてしまったオデットをジークフリート王子が救おうとする内容です。現在、さまざまな版があり、本来オデットと王子は死んでしまうのですが、めでたしめでたしで終わる終わ…

続きを読む

チャイコフスキー 「眠りの森の美女」

 チャイコフスキーのバレエ音楽「眠りの森の美女」(抜粋)を聞きました。CDは、カラヤン/ウィーンフィル盤です。  この曲は、ぺローの童話をもとにした3幕のバレエのための音楽として書かれました。あらすじは、悪い妖精カラボスがフロレスタン王国のオーロラ姫に20回目の誕生日に死ぬという呪いをかけますが、リラの精が、それをなんとか100年の眠りにかえ、100年後、リラの精に導かれた王子デジレが姫を眠り…

続きを読む