ガーシュウィン ピアノ協奏曲

 ガーシュウィンのピアノ協奏曲を聞きました。CDは、先日、中古で買ったプレヴィン盤(1984年録音)です。  この曲は、たしか、レコード時代は持っていなかったと思います。ですから、初めて聞いたのだと思います。形式的には、急・緩・急の3楽章構成というように、伝統的な協奏曲の形に従っています。しかし、「ラプソディー・イン・ブルー」を思わせるような部分もあります。ただ、わかりやすい旋律は少なかったよ…

続きを読む

ガーシュウィン 「パリのアメリカ人」

 ガーシュウィンの「パリのアメリカ人」を聞きました。CDは、先日、中古で買ったプレヴィン盤(1984年録音)です。  この曲も、「ラプソディー・イン・ブルー」と同じく、オーマンディ盤を持っていました。「ラプソディー・イン・ブルー」にくらべれば、あまり聞いていなかったので、演奏はもちろん、曲についてもよくわかっていない状態でした。  この曲も、プレヴィンの演奏は、クラシックもジャズも得意という…

続きを読む

ガーシュウィン 「ラプソディー・イン・ブルー」

 ガーシュウィンの「ラプソディー・イン・ブルー」を聞きました。CDは、先日、中古で買ったプレヴィン盤(1984年録音)です。  この曲は、オーマンディ盤を持っていて、とくに不満もなかったのですが、名盤として知られたプレヴィン盤がわずか500円だったので買ってしまいました。  プレヴィンの演奏は、クラシックもジャズも得意というだけあって、この新盤だけでなく、旧盤も評価が高いものです。しかも弾き…

続きを読む