「校正作業で凝視した音符{1260万個}」

 きょうの朝日新聞夕刊の「凄腕つとめにん」コーナーに、「校正作業で凝視した音符{1260万個}」という見出しの記事が載っていました。  これは、全音楽譜出版社出版部係長の渡邊裕子さんの仕事ぶりを紹介した記事です。  いままで音楽関係のものをいろいろ読みましたが、楽譜の校正に関するものは読んだことがありませんでした。ですから、この記事に書かれていることは興味深いことばかりでした。  まず、あ…

続きを読む

楽譜と演奏 その3

 楽譜に忠実ということについてまた書きます。  わたしは、演奏も楽譜に忠実なものが好きだと書きましたが、とても厳密にいうと、楽譜に忠実ということを守るとすると、だれが演奏しても演奏は一種類しかありえないということになってしまいます。これではおもしろくありません。  そうはいっても、楽譜はいろいろな解釈の余地があるものといえるかもしれません。ですから、クラシック音楽(に限らないかもしれませんが…

続きを読む

楽譜と演奏 その2

 わたしは、楽譜に忠実に打ち込みたいと思っている、とおととい書きましたが、CDなどでも楽譜に忠実な演奏が好きです。それは、作曲家のねらいというか思いが、伝わってくると思うからです。  ただ、そうはいっても、今は総譜を持っていないので(以前は好きな曲の総譜をいくつ持っていました。)、その演奏が楽譜の通りかということはわかりません。指揮者の考えや批評などで想像するしかありません。  また、ブルッ…

続きを読む

無料の楽譜

 アレンジしたい曲の楽譜を持っていないときもあります。そういうときは、普通は楽器店などへ行って、楽譜を買ってくるかもしれません。しかし、わたしは、ソフトのときもそうですが、まず、フリーのものはないかとインターネット上を捜します。フリーソフトほどではありませんが、楽譜も無料のものがいくつかあります。ピアノの楽譜が多いですが、吹奏楽用のものなどもあります。本当にありがたいことです。  そのお返しと…

続きを読む