Yamaha SMAF GLOBAL 3月末にサイトを閉鎖

 Yamaha SMAF GLOBALのサイトをひさしぶりに見にいったところ、今年の3月末にサイトを閉鎖するというお知らせが書かれていて、ちょっとびっくりしました。  Yamaha SMAF GLOBALは、着メロ(MMFファイル)をつくるソフト(SMAF Sound Decorator や Wave Sound Decorator など)を無料で提供しているヤマハのサイトです。  わたしも…

続きを読む

ラムダ音楽館 100000ヒット

 わたしのホームページ、ラムダ音楽館のカウンターが100000を超えました。  ラムダ音楽館は、2006年の開設ですから、10周年も間近で、1年に10000とちょっとというペースできたことになります。しかし、最近は、そのペースは以前ほどではなくなってしまいました。  それは、最近、新しい曲を追加することができていないせいもあるかもしれません。また、以前と違って、スマートフォンの普及で、独自フ…

続きを読む

格安スマートフォンに乗り換え

 格安スマートフォンに乗り換えました。  大手キャリアのスマートフォンは、月額料金が高すぎると思っていました。格安スマートフォンは、以前から気になっていましたが、使い勝手の面で不十分だったのでがまんしていましたが、最近、大手キャリアとくらべてもそん色ないサービスが登場し、料金は端末代を含めても大手キャリアの半額以下となってので、乗り換えることにしました。唯一の欠点は、当然ながら、キャリアメール…

続きを読む

ラムダ音楽館 90000ヒット

 わたしのホームページラムダ音楽館のカウンターが90000を超えました。  ラムダ音楽館は、2012年の開設ですから、1年に10000とちょっとというペースできたことになります。最近は、曲作りもできていないので、新しい曲を追加することもできていません。ただ、以前と違って、スマートフォンの普及で、独自ファイルの着メロがだんだん必要とされなくなってきていることもあって、曲作りになかなか時間がとれな…

続きを読む

音楽有料配信ビジネス 伸び悩み

 音楽有料配信ビジネスが伸び悩んでいるそうです。  きょうの朝日新聞朝刊にその記事が載っていました。その主な原因は、普通の携帯電話にかわってスマートフォンが伸びてきたため、携帯電話向けの着うたなどの音楽有料配信が減ってきてしまったということです。  わたしも、少し前にスマートフォンを買いましたが、着信音はMP3ですから、CDなどから簡単に作ることができます。そういう点では、これからもスマート…

続きを読む

スマートフォンの着メロは、スター・ウォーズ

 先日初めて買ったスマートフォンの着メロをスター・ウォーズの音楽に設定しました。  スター・ウォーズにしたといっても、スマートフォンに初めから入っていたわけではないので、CDからコンピューターに音楽を取り込んで加工をし、スマートフォンに転送したのです。30秒から1分もあればいいだろうと思い、SoundEngine Freeを使って、好きな部分を切り出しました。電話・メールごとに違う着メロと思い…

続きを読む

スマートフォンの着メロはMP3

 先日スマートフォンを買いましたが、その着メロはMP3ファイルを使うのだそうです。  いままでの携帯電話の着メロは、mmfファイルやmldファイルを使っていたので、わたしも自分で作って、ホームページに公開していました。しかし、これからはスマートフォンの普及とともに、mmfファイルやmldファイルの着メロは使われなくなっていくことになります。  さびしい気もしますが、MP3ファイルは、扱いやす…

続きを読む

スマートフォンを購入

 スマートフォンを買いました。  わたしは、着メロを作って、ホームページで公開していますが、自分では携帯電話を持っていませんでした。しかし、まもなく仕事の環境が変わり、通勤時間が長くなりそうなので、電車の待ち時間などにメールチェックでもできるといいかなと思ったのです。それに加えて、スマートフォンでは、WiMAXを使ってコンピューターなどをインターネットにつなぐこともできます。そんなことがスマー…

続きを読む

神の御子は今宵しも(オルゴール)

 「神の御子は今宵しも」は、作曲者不詳の讃美歌です。しかし、作曲者とされる人物は何人かいて、ウェードが有力といわれています。  歌詞についても、作詞者ははっきりしていません。やはり、何人かの名前があがっていますが、そのなかにはポルトガルの王ジョアン4世も入っています。現在、よく歌われるのは、英語の歌詞で、その最初の部分が、「神の御子は今宵しも」で、イエスが、今宵、ベツレヘムに生れた、ということ…

続きを読む

神の御子は今宵しも(オルゴール) を追加

 わたしのホームページ、ラムダ音楽館の着メロMLD、着メロMMFのページに 「神の御子は今宵しも(オ)」を追加しました。  これは、先日約1年ぶりに追加した曲「神の御子は今宵しも」をオルゴールに作りかえたものです。  MIDIと着メロ(MLDファイル・MMFファイル)があり、ダウンロードして自由にお使いいただけます。着メロは、QRコードもあるので、携帯電話で直接聞いたり、ダウンロードしたりす…

続きを読む

神の御子は今宵しも

 「神の御子は今宵しも」は、作曲者不詳の讃美歌です。しかし、作曲者とされる人物は何人かいて、ウェードが有力といわれています。  歌詞についても、作詞者ははっきりしていません。やはり、何人かの名前があがっていますが、そのなかにはポルトガルの王ジョアン4世も入っています。現在、よく歌われるのは、英語の歌詞で、その最初の部分が、「神の御子は今宵しも」で、イエスが、今宵、ベツレヘムに生れた、ということ…

続きを読む

神の御子は今宵しも を追加

 わたしのホームページ、ラムダ音楽館の着メロMLD、着メロMMFのページに 「神の御子は今宵しも」を追加しました。  最近は、CDを聞くほうが楽しいせいか、なかなか曲作りができない状態で、約1年ぶりの曲の追加です。  MIDIと着メロ(MLDファイル・MMFファイル)があり、ダウンロードして自由にお使いいただけます。着メロは、QRコードもあるので、携帯電話で直接聞いたり、ダウンロードしたりす…

続きを読む

荒野の果てに(オルゴール)

「荒野の果てに」は、日本でもよく知られたクリスマスキャロルです。  この曲は、フランスの伝統的なクリスマスキャロルで、おだやかに始まり、9小節目からの長くのばされたグローリアの部分が印象的です。この部分は、もとの歌詞はフランス語ですが、英語の歌詞に合わせて、バーンズが編曲をしたものです。  わたしの曲は、先日、アルトサックス・ソプラノサックス・ビブラフォン・チャーチオルガンなどを使って作…

続きを読む

荒野の果てに(オルゴール) を追加

 わたしのホームページ、ラムダ音楽館の着メロMLD、着メロMMFのページ荒野の果てに(オルゴール)を追加しました。  これは、先日追加した荒野の果てにをオルゴールにしたものです。  MIDIと着メロ(MLDファイル・MMFファイル)があり、ダウンロードして自由にお使いいただけます。着メロは、QRコードもあるので、携帯電話で直接聞いたり、ダウンロードしたりすることができます。  興味を持って…

続きを読む

荒野の果てに

 「荒野の果てに」は、日本でもよく知られたクリスマスキャロルです。  この曲は、フランスの伝統的なクリスマスキャロルで、おだやかに始まり、9小節目からの長くのばされたグローリアの部分が印象的です。この部分は、もとの歌詞はフランス語ですが、英語の歌詞に合わせて、バーンズが編曲をしたものです。  わたしの曲は、アルトサックスとソプラノサックスをメロディに使い、ビブラフォンと初めて使ったファン…

続きを読む

荒野の果てに を追加

 わたしのホームページ、ラムダ音楽館の着メロMLD、着メロMMFのページに 荒野の果てに を追加しました。  最近は、CDを聞くほうが楽しいせいか、なかなか曲作りができない状態で、ひさしぶりの曲の追加です。  MIDIと着メロ(MLDファイル・MMFファイル)があり、ダウンロードして自由にお使いいただけます。着メロは、QRコードもあるので、携帯電話で直接聞いたり、ダウンロードしたりすることが…

続きを読む

木星(オルゴール)

 「木星」は、ホルストの組曲「惑星」の第4曲です。  「惑星」は、火星(戦争をもたらす者)、金星(平和をもたらす者)、水星(翼のある使者)、木星(快楽をもたらす者)、土星(老いをもたらす者)、天王星(魔術師)、海王星(神秘主義者)の7曲からできています。4管編成のオーケストラにさまざまな打楽器、オルガン・女声合唱まで動員するとても大きな編成です。ですから、木星の総譜は31段もあります。その色彩…

続きを読む

木星(オルゴール) を追加

 わたしのホームページ、ラムダ音楽館の着メロMLD、着メロMMFのページ木星(オルゴール)を追加しました。  これは、先日追加した木星をオルゴールにしたものです。  MIDIと着メロ(MLDファイル・MMFファイル)があり、ダウンロードして自由にお使いいただけます。着メロは、QRコードもあるので、携帯電話で直接聞いたり、ダウンロードしたりすることができます。  興味を持っていただけたら、ラ…

続きを読む

木星

 「木星」は、ホルストの組曲「惑星」の第4曲です。  「惑星」は、火星(戦争をもたらす者)、金星(平和をもたらす者)、水星(翼のある使者)、木星(快楽をもたらす者)、土星(老いをもたらす者)、天王星(魔術師)、海王星(神秘主義者)の7曲からできています。4管編成のオーケストラにさまざまな打楽器、オルガン・女声合唱まで動員するとても大きな編成です。ですから、木星の総譜は31段もあります。その色彩…

続きを読む

木星 を追加

 わたしのホームページ、ラムダ音楽館の着メロMLD、着メロMMFのページに木星を追加しました。  5月の末に朝(オルゴール)を追加してから、半月くらいでもう1曲追加できたのは、最近ではちょっとめずらしいことです。今年中にあと何曲か追加できるといいと思います。  MIDIと着メロ(MLDファイル・MMFファイル)があり、ダウンロードして自由にお使いいただけます。着メロは、QRコードもあるので、…

続きを読む

以前作った着メロを確認

 もらった携帯電話で、以前作った着メロをいくつか聞いてみました。  着メロをホームページ、ラムダ音楽館に追加するときには、それぞれ何回も聞いて確認しています。そのときはいいと思いましたが、しばらくたって聞いてみると、気になる点が出てくることもあります。携帯電話は、中低音の再生が苦手ですから、着メロは、MIDIよりも音を高くすることが多いのですが、そのさじ加減がちょっと難しいところです。1オクタ…

続きを読む

お古の携帯電話をもらいました

 お古の携帯電話をもらいました。  わたしは、MIDIから着メロを作って、ホームページで公開していますが、自分の携帯電話を持っていないのです。ですから、できあがった着メロは、家族の携帯電話で確認しています。家族が携帯電話を変えたので、お古をもらうことにしました。電話をかけることはできませんが、着メロを鳴らすことはできるので、わたしには、十分役に立ちます。  以前にもお古の携帯電話をもらったこ…

続きを読む

朝(オルゴール)

 朝は、グリーグの劇音楽「ペール・ギュント」のなかの1曲です。  朝は、劇音楽のなかでは、13番目の曲ですが、グリーグが選んだ4曲ずつからなる第1組曲・第2組曲のなかでは、第1組曲の1曲目におかれています。とてもさわやかな感じのする曲で、朝のすがすがしい気分をみごとに表現した名曲だと思います。その感じからは、グリーグが生まれたノルウェーなど北欧の朝をイメージしてしまいますが、劇の音楽としては、…

続きを読む

朝(オルゴール) を追加

 わたしのホームページ、ラムダ音楽館の着メロMLD、着メロMMFのページに朝(オルゴール)を追加しました。  ちょっと忙しかったせいか、ことしに入ってからなかなか曲作りができず、ひさしぶりの曲の追加です。  MIDIと着メロ(MLDファイル・MMFファイル)があり、ダウンロードして自由にお使いいただけます。着メロは、QRコードもあるので、携帯電話で直接聞いたり、ダウンロードしたりすることがで…

続きを読む

「着メロ」の語には商標権がある

 「着メロ」という言葉には商標権があるそうです。  きょうの朝日新聞朝刊に、そのことについての記事が載っていました。いままで「着メロ」の二つの商標権を持っていた東京都(差し押さえにより手に入れたそうです。)がオークションに出品ところ、大阪のソフトウェ会社が2550万円で落札したそうです。ただし、そのソフトウェ会社の社長は、商標利用の有料化は考えていないそうです。  わたしは、「着メロ」という…

続きを読む

アメイジング・グレイス(オルゴール)

 アメイジング・グレイスは、作曲者不詳の讃美歌で、作詞者は、1725年生まれのイギリス人、ジョン・ニュートンです。  ジョン・ニュートンは、奴隷貿易船の船長をしており、黒人たちを虫けらのように扱っていました。そんなある日、船が嵐に遭遇します。いままでは、ほとんど神に祈ったことがなかったのに、苦しいときの神頼みで、神に祈ります。すると嵐がおさまり、ニュートンの船は助かりました。このことをきっかけ…

続きを読む

アメイジング・グレイス(オルゴール) を追加

 わたしのホームページ、ラムダ音楽館の着メロMLD、着メロMMFのページにアメイジング・グレイス(オルゴール)を追加しました。  これは、先日追加したアメイジング・グレイスをオルゴールにしたものです。MIDIと着メロ(MLDファイル・MMFファイル)があり、ダウンロードして自由にお使いいただけます。着メロは、QRコードもあるので、携帯電話で直接聞いたり、ダウンロードしたりすることができます。 …

続きを読む

アメイジング・グレイス

 アメイジング・グレイスは、作曲者不詳の讃美歌で、作詞者は、1725年生まれのイギリス人、ジョン・ニュートンです。  ジョン・ニュートンは、奴隷貿易船の船長をしており、黒人たちを虫けらのように扱っていました。そんなある日、船が嵐に遭遇します。いままでは、ほとんど神に祈ったことがなかったのに、苦しいときの神頼みで、神に祈ります。すると嵐がおさまり、ニュートンの船は助かりました。このことをきっかけ…

続きを読む

アメイジング・グレイス を追加

 わたしのホームページ、ラムダ音楽館の着メロMLD、着メロMMFのページに、アメイジング・グレイスを追加しました。  曲は、しばらく前にできていたのですが、細かいところで気に入らない部分があり、いろいろいじっていました。それでも、できあがったものは、たいして変わりばえのしないものになってしまいました。  MIDIと着メロがあり、ダウンロードして自由にお使いいただけます。着メロは、QRコードも…

続きを読む

展覧会の絵(オルゴール)

 「展覧会の絵」は、ムソルグスキーが作曲したピアノのための組曲です。  この曲は、ムソルグスキーの友人のハルトマンという建築家が亡くなり、その遺作展で彼の絵を見たムソルグスキーが、そのイメージをもとに作曲したものです。曲は、プロムナードと10枚の絵(小人、古城、テュイルリー、ビドロ、殻をつけたひよこのバレエ、サミュエル・ゴールデンベルクとシュムイレ、リモージュの市場、カタコンブ、鶏の足の上の小…

続きを読む