MHaudio WAON

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、MHaudioのWAONの紹介記事を読みました。  WAONは、ペアで64000円からというスピーカーです。からというのは、材質や色により各種あるからということです。  MHaudioは、長野県富士見町を本拠とする日本のメーカーで、開発者が自分で使うために作ったスピーカーからスタートしたといいます。メーカーにすることは考えていなかったそうですが、WA…

続きを読む

B&W 603 S2 Anniversary Edition

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、B&Wの603 S2 Anniversary Editionの紹介記事を読みました。  603 S2 Anniversary Editionは、1本145000円というトールボーイ型スピーカーです。  600シリーズは、B&Wの屋台骨を支える入門グレードだといいます。Anniversary Editionは、発売25周年の記念モデルだということです。…

続きを読む

パラダイム プレミア100B

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、パラダイムのプレミア100Bの紹介記事を読みました。  プレミア100Bは、ペアで11万円という2ウェイ・ブックシェルフ型スピーカーです。  プレミアは、フラッグシップのペルソナの技術を積極的に投入しながら、かなり価格を抑えたエントリーグレードのシリーズだということです。100Bは、そのなかでも一番小さなブックシェルフ型です。  その音はというと、…

続きを読む

ディナウディオ Contour 20i

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、ディナウディオのContour 20iの紹介記事を読みました。  Contour 20iは、ペアで70万円という2ウェイブックシェルフ型スピーカーです。  Contourシリーズは、ディナウディオの中核を担うもので、20iの上にはフロア型もラインナップされているということです。  ディナウディオのスピーカーの音の特徴は、一言でいえば正確性ということ…

続きを読む

オーディオテクニカ AT-NSP700TV

 『特選街』で、オーディオテクニカのAT-NSP700TVの紹介記事を読みました。  AT-NSP700TVは、約18500円というワイヤレスネックスピーカーです。  主にテレビの音声を離れた場所でしっかり聞くためのスピーカーです。音が直接耳に届きやすい設計になっているため、一般的な手元スピーカーより鮮明に聞きとることができるといいます。  セリフを際立たせる「はっきり音」機能も搭載してい…

続きを読む

JBL GO3

 『特選街』で、JBLのGO3の紹介記事を読みました。  GO3は、4800円というポータブルブルートゥーススピーカーです。  87.5mm×75mm×41.3mmという手のひらサイズの小型ボディに、新設計のフルレンジユニット1基とパッシブラジエーターを搭載し、本体サイズからは想像できないほど広がりのある音を再生することができるのが特徴だということです。  IP67相当の防塵・防水性能も備…

続きを読む

ソナス・ファベール Luminaシリーズ

 『特選街』で、ソナス・ファベールのLuminaシリーズの紹介記事を読みました。  Luminaシリーズは、2ウェイブックシェルフ型のLuminaⅠ、3ウェイ4ユニットのフロア型のLuminaⅢ、2ウェイ3ユニットのセンタースピーカーのLumina centerの3種類からなります。  ボトム・バスレフ構造の採用により、サイズを超えた豊かな低域再生を実現したのが特徴だということです。ツイータ…

続きを読む

クリプトン KS-11

 『特選街』で、クリプトンのKS-11の紹介記事を読みました。  KS-11は、ペアで約55000円というブルートゥーススピーカーです。35W×2の大出力フルデジタルアンプを内蔵した、高さ176.5mmと超コンパクトなアクティブスピーカーながら、朗々とした鳴りっぷりのいいサウンドは、クリプトンならではだということです。ブルートゥース接続は、ハイレゾ級のaptx HDに対応しているほか、USB …

続きを読む

KEF LS50 Meta

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、KEFのLS50 Metaの紹介記事を読みました。  LS50 Metaは、ペアで約145000円というブックシェルフ型スピーカーです。  13cm口径同軸型Uni-Qドライバーは第12世代に相当し、今回はドライバー後方にMATとよばれるメタマテリアル技術を応用した吸音構造を配置していることが特徴で、高域の音響特性を劇的に改善したといいます。メタマテ…

続きを読む

エアパルス A80

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、エアパルスのA80の紹介記事を読みました。  A80は、ペアで約8万円というDAC内臓アクティブスピーカーです。  リボン型ツイーターとアルミ振動板の11.5cmウーハーのコンパクトな外見からは想像できないほど重心の低い再生音を実現した注目機だといいます。高さは25.5cmしかないので、机やテーブルの上においてもじゃまにならず、リビングや寝室のド置き…

続きを読む

フォーカル Chora826

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、フォーカルのChora826の紹介記事を読みました。  Chora826は、ペアで22万円という、3ウェイ4スピーカーのトールボーイ型スピーカーです。  ウーハーやミッドウーハーの振動板がストレートファイバーというカーボンファイバーに樹脂を含侵させた素材になっていて、そのできがたいへんよく、反応がいいということです。  その音はというと、フォーカル…

続きを読む

KEF LS50 Meta / Wireless Ⅱ

 『特選街』で、KEFのLS50 Meta / Wireless Ⅱの紹介記事を読みました。  LS50 Meta / Wireless Ⅱは、159500円 / 297000円という小型モニタースピーカーです。  ドライバー後方に生じる雑音を99%吸収するMetamaterial Absorption Technologyを搭載しているのが特徴で、ひずみや乱れを抑えた純粋で自然な音を再生す…

続きを読む

クリプトン KX-1.5

 『特選街』で、クリプトンのKX-1.5の紹介記事を読みました。  KX-1.5は、ペアで308000円というハイレゾ対応2ウェイブックシェルフ型スピーカーです。  ウーハーには、新設計の170mm径カーボンポリプロピレンコーン型を採用し、ボディサイズを超えたダイナミックな低域再生を実現したということです。ツイーターは、砲弾型イコライザー付きの35mm径ピュアシルクリングダイアフラム型で、5…

続きを読む

ベッドフォードサウンド スピルラ

 『特選街』で、ベッドフォードサウンドのスピルラの紹介記事を読みました。  スピルラは、3Dプリンターを使い、ガラスの砂(珪砂)を一体成型してつくられた、138000円(税別)というデスクトップスピーカーです。  形がユニークで、深海にすむ巻貝状の殻を持った生物をデザインモチーフに、すべて曲面で構成された理想的な形を実現したといいます。箱型スピーカーでは避けられない有害な定在波を排除し、音の…

続きを読む

ソナス・ファベール OLYMPICA NOVAⅢ

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、ソナス・ファベールのOLYMPICA NOVAⅢの紹介記事を読みました。  OLYMPICA NOVAⅢは、ペアで140万円という3ウェイ4スピーカーのフロア型スピーカーです。  バッフル上部にNOVAⅠと同じく、皮革に覆われた金属フレームにツイーターとミッドレンジ・ユニットがマウントされています。ウーハーは、18cm口径のダブルウーハー構成です…

続きを読む

ソナス・ファベール OLYMPICA NOVAⅠ

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、ソナス・ファベールのOLYMPICA NOVAⅠの紹介記事を読みました。  OLYMPICA NOVAⅠは、ペアで78万円という2ウェイブックシェルフ型スピーカーです。  皮革に覆われたフレームにツイーターとウーハーが取り付けられているのが特徴です。ユニットは、ツイーターが2.8cmのシルク・ソフトドーム型で、ウーハーが15cm口径で、セルロースパル…

続きを読む

ダリ メヌエット SE

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、ダリのメヌエット SEの紹介記事を読みました。  メヌエット SEは、ペアで184000円という2ウェイブックシェルフ型スピ-カーです。  ユニットは、ツイーターが28mmソフトドーム、ウーハーが115mmローロス・ウッド・ファイバーコーンということもあり、幅150mm、高さ250mmと小さめです。  ダリはシャープでダイナミックな音というより、聞…

続きを読む

エアパルス A80

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、エアパルスのA80の紹介記事を読みました。  A80は、ペアで約77000円というアクティブスピーカーです。  幅18cm、高さ25.5cmと小柄の2ウェイスピーカーながら、キャビネットは厚さ18mmのMDF製と本格派だということです。ユニットは、ツイーターがリボン振動版にホーンロードがかけられ、ウーハーがアルミニウム合金コーン振動板とアルミ製ボイス…

続きを読む

クリプトン KX-5PX

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、クリプトンのKX-5PXの紹介記事を読みました。  KX-5PXは、ペアで498000円という2ウェイブックシェルフ型スピーカーです。  2010年に発売された初代KX-5、2015年の2代目KX-5Pに続く3代目ということになります。最大の特徴は、密閉型だということで、これによりすなおで反応がよく、芯があって引き締まった低音が得られるといいます。 …

続きを読む

JBL Tuner 2 FM

 『特選街』で、JBL Tuner 2 FMの紹介記事を読みました。  JBL Tuner 2 FMは、11800円という、ワイドFMチューナー搭載ブルートゥーススピーカーです。  45mmのフルレンジドライバーと、低域をサポートするパッシブラジエーターが、メリハリのある豊かなサウンドを生み出すということです。  IPX7の防水性能を持ち、内臓バッテリーは最大12時間の駆動が可能だといいま…

続きを読む

ボーズ Bose TV Speaker

 『特選街』で、ボーズのBose TV Speakerの紹介記事を読みました。  Bose TV Speakerは、33000円という、幅60cmとコンパクトなサウンドバーです。  テレビとHDMIケーブルでつなぐほか、電源ケーブルだけと手軽です。電源スイッチはテレビと連動し、音量調節はテレビのリモコンで行うことができるので、操作性がよく考えられています。  その音はというと。メリハリの利…

続きを読む

パラダイム プレミア200B

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、パラダイムのプレミア200Bの紹介記事を読みました。  プレミア200Bは、ペアで15万円という2ウェイ・ブックシェルフ型スピーカーです。プレミア800Fのツイーターとミッドレンジをほとんどそのまま使っているということです。  クロスオーバー周波数を2kHzに設定し、中域周辺の音色的つながりが極めて良好だそうです。能率は90dBと、この種のブックシェ…

続きを読む

パラダイム プレミア800F

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、パラダイムのプレミア800Fの紹介記事を読みました。  プレミア800Fは、ペアで32万円という3ウェイ・トールボーイ型スピーカーです。3ウェイですが、ウーハーは二つなので、ユニットは四つあります。弟分にプレミア700F(ペアで25万円)があります。  どちらも16.5cm口径のウーハーとミッドレンジの振動版は、カーボン入りのポリプロピレンコーンで、…

続きを読む

イクリプス TD508MK3

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、イクリプスのTD508MK3の紹介記事を読みました。  TD508MK3は、1台59000円という卵型スピーカーです。イクリプスは、卵型スピーカーを何種類か作っていて、TD508MK3は、そのなかではベーシックなモデルです。  ユニットは、8cmのフルレンジですが、エンクロージャーの容積を従来モデルよりも拡大して、低音再生に配慮しているといいます。空…

続きを読む

ダイソーのスピーカー

 ニュースサイトのようなところで、ダイソーのスピーカーが紹介されていました。  一つは、300円のUSBスピーカーです。音量も大きく、サウンドには広がりや厚みもあり本格的と評判のスピーカーだそうです。とくに中音域がしっかりと出るスピーカーだということです。  もう一つは、600円のBluetoothのスピーカーです。色は白、黒、ピンクがあり、底面が吸盤になっていて、ガラスやタイルなどにつける…

続きを読む

ソニー SA-Z1

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、ソニーのSA-Z1の紹介記事を読みました。  SA-Z1は、ぺあで78万円というデスクトップ仕様のパワードスピーカーです。デスクトップ 仕様とはいえ、2ウェイ5ユニットのスピーカーとデジタルアンプを前後に組み合わせた本体は、幅と高さが約20cm、奥行きが32cmと大きく、重さは10.5kgもあるということです。  その音はというと、まず、小さな音量で…

続きを読む

マーティン・ローガン ESL9

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、マーティン・ローガンのESL9の紹介記事を読みました。  マーティン・ローガンは、アメリカのオーディオメーカーだそうです。ESL9は、ペアで130万円という静電容量型スピーカーです。  ESL(静電容量型)ユニットを湾曲させ、このユニットのポリマー振動版表面には、プラズマ接合処理を施した非常に精巧で、導電性を持たせた新機軸のコーティング処理が施されて…

続きを読む

Sonos Arc

 『特選街』で、SonosのArcの紹介記事を読みました。  Arcは、約12万円という、さまざまなフォーマットに対応したスリムボディのサウンドバーです。  スリムボディに、上向き2基を含む計11基のドライバーユニットを搭載し、単体で、ステレオ、5.1チャンネル、Dolby Atmosなどさまざまなフォーマットを臨場感豊かに再生することができるといいます。独自のチューニング技術Truepla…

続きを読む

ruarkaudio R5/MRx

 『特選街』で、ruarkaudioのR5/MRxの紹介記事を読みました。  R5(約27万円)、MRx(約8万円)は、音楽ストリーミングサービスを手軽に楽しむことができる高音質スピーカーです。  どちらも、ネットワーク機能と無線LAN、ブルートゥースを搭載していて、パソコンやスマートフォンの保存した音源や、音楽ストリーミングサービスを高音質で再生することができるということです。FMチューナ…

続きを読む

クリエイティブ Creative Pebble V2

 『特選街』で、クリエイティブのCreative Pebble V2の紹介記事を読みました。  Creative Pebble V2は、約3000円という、パソコンなどで使うことができるUSBスピーカーです。  USB Type-C電源に対応し、コンセントいらずで利用できる球状スピーカーです。変換アダプターが付属するので、標準サイズのUSB Type-A端子とも接続することができます。  …

続きを読む