SoundEngine Freeのハイジェネレーター

 ようやくSoundEngine Freeのハイジェネレーターがまともに使えるようになりました。
 ハイジェネレーターとは、MP3(SoundEngine Freeは、MP3も開くことができます。)のように高域が大幅にカットされた音声ファイルの高域を補完するためのものです。いままでは、適当に使っていたので、高域が大幅に増強されてしまい、波形がずいぶん変わってしまうこともありました。
 ところが、SoundEngine Freeのヴィジュアルボタンを押すと、グラフィックイコライザーのピークメーターのように、音域ごとの音の強さのグラフが表示されることを思い出しました。それを見れば、高域がカットされているかすぐにわかります。それを見て、11KHz以上、または16KHz以上をちょうどいいくらいに補完してやればいいのです。
 また、SoundEngine Freeの便利な使い方を覚えました。前からよく書いていますが、SoundEngine Freeは、ほんとうによくできたフリーソフトだと、改めて思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • つき指の読書日記by大月清司

     いろいろ努力されたんでしょうね。SoundEngine Freeのハイジェネレーターが使える、鬼に金棒(笑)かなあ
    2010年02月09日 09:07
  • ラムダ

     つき指の読書日記さん、いろいろ努力したというほどではないのです。SoundEngine Freeは、とても高機能で、わたしの理解が足りなかっただけのようです。
    2010年02月09日 22:38

この記事へのトラックバック