ブルックナー 交響曲第8番

 ブルックナーの交響曲第8番を聞きました。CDは、ジュリーニ盤です。
 この曲は、演奏時間の長いブルックナー交響曲のなかでも、最も長い部類に入る大曲です。ですから、なかなか聞く時間がとれないのですが、ブルックナーの交響曲なかでも、わたしの一番好きな曲です。なかでも第4楽章は、勇ましい感じで始まるところや、終結部の圧倒的迫力がすばらしいと思います。また、おそめのテンポの楽章があまり好きでないわたしですが、第3楽章も崇高な感じがいいと思います。
 ジュリーにの演奏は、ウィーンフィルの弦も美しく、おそめのテンポのゆったりとした名演といわれていたと思います。 録音は、CD初期の1984年ですが、十分いいです。ひさしぶりに聞いたので、スピーカーがEntry Siになってから初めてで、いままでよく聞こえなかったような音も聞こえる感じがして、いっそうよく聞こえました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック