「オンリー コントラバス」

 きょうの朝日新聞夕刊に、「オンリー コントラバス」という見出しの記事が載っていました。
 続いて「審査委員も裏方も 奏者だけのコンテスト」という見出しもついていて、その両方で、内容がよくわかると思います。
 コンテストは、コントラバス奏者の鷲見(すみ)精一さんが、クラウドファンディングで資金を集め、26日に東京で開くことになったそうです。
 そのきっかけは、中学・高校・大学の吹奏楽部に指導に行くと、管理が悪く音がほとんど出ない楽器を使っていたり、奏法がまちがっている生徒がたくさんいて、衝撃を受けたことだといいます。さらに、生徒がコンテストに出場したとしても、審査員にコントラバス奏者がいないのだそうです。そんなことから「コントラバス奏者による、奏者のためのコンテストを開きたい」と思ったといいます。
 たしかに、コンテストでその奏者の審査員がいないというのは、おかしな気がします。このコンテストをきっかけに、刺激を受けて、コントラバス奏者の演奏水準や環境がよくなるといいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック