「オーパス・ワン」

 『レコード芸術』で、日本コロムビアの新レーベル「オーパス・ワン」の紹介記事を読みました。
 「オーパス・ワン」は、「作品1」という名前が示すように、20代限定で、コンクール歴などにこだわらず、ディレクターが演奏者を選定して、制作するもので、1曲は邦人作品を入れるといったこだわりもあるものです。
 第1弾として、笹沼樹さん、石上真由子さん、鈴木玲奈さん、古海行子さん、秋田勇魚さんという5人のCDが発売になりました。
 このような取り組みは、いままでなかったような気がします。企業としては、将来の演奏家を確保するというねらいもあるのかもしれませんが、若手の飛躍を援助することになり、意義のあることだと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック