ソナス・ファベール エレクタ・アマトールⅢ

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、ソナス・ファベールのエレクタ・アマトールⅢの紹介記事を読みました。
 エレクタ・アマトールⅢは、ペアで130万円(スタンド付)というブックシェルフ型スピーカーです。エレクタ・アマトールの約30年ぶりの後継モデルになるということです。ⅢというからにはⅡがあったのかと思いますが、その点には触れられていません。言葉通りならば、Ⅱはなかったのかもしれません。
 初代もとてもすぐれたスピーカーだったようです。初代がペアで53万円だったといいますから、Ⅲはかなりの価格アップです。しかし、それだけの価値はあるようで、初代の画期的な音楽性を保ったまま、音像の精密で安定した定位や低域方向と高域方向の伸長の結果、ホールやスタジオの音場空間の再現性を高度化しているといいます。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック