「『グレの歌』3楽団競演の成熟」

 きょうの朝日新聞朝刊に、「『グレの歌』3楽団競演の成熟」という見出しの記事が載っていました。
 この記事は、見出しの通り、今年、シェーンベルクの「グレの歌」を3楽団が取り上げたというものです。「グレの歌」は、150人ものオーケストラ、合唱、複数の声楽ソリストを必要とする大作ですから、おいそれと演奏できる曲ではありません。ですから、記事も、3公演も行われたのは、「事件」と言っていい、と書かれたいます。
 その3楽団は、カンブルラン/読売日本交響楽団、大野和士/東京都交響楽団、ノット/東京交響楽団です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント