ティアック AX-505

 『特選街』で、ティアックのAX-505の紹介記事を読みました。
 AX-505は、約16万円というプリメインアンプです。大きな特徴は、音質の良さ、低域の駆動力の高さで評判のHypex Ncoreをパワーアンプモジュールに採用したことで、その力を生かすために、電源部や回路設計にこだわるなど、入念に作りこまれているといいます。
 その音はというと、30cmのウーハーを軽々と鳴らすパワーがあり、音の立ち上がりのスピードが速く、切れ味のいい再生音になっているということです。中高域もパワフルで、鮮明かつ生き生きとした音楽を再現するそうです。空間再現性も良好で、奥行きのあるステージになり、オーケストラの演奏では楽器の位置が見えるようだといいます。
 ただ、解像度が高いぶん、やや細身のすっきりした音に感じるので、音色の豊潤さを求めると、物足りない面もあるといいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント