「クラシック演奏会 飛沫リスクは」

 きょうの朝日新聞朝刊に、「クラシック演奏会 飛沫リスクは」という見出しの記事が載っていました。
 この記事は、クラシック音楽公演運営推進協議会などが、大規模な飛沫感染リスク検証実験をおこなったことに関するものです。
 管楽器だけではなく、弦楽器についても、演奏する際、どれほどの量の飛沫が、どの方角にどのくらいの距離まで届くのかということを検証したということです。さらに、客同士のおしゃべりや、ブラボーについても検証し、数値化したそうです。
 結果については、報告書によると、従来の間隔でもソーシャルディスタンスで演奏したときに比べ、感染リスクが大きく上昇することを示すデータは得られなかったということです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント