アナログリラックス 除電ブラシハード用 AR-ASAB1

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、アナログリラックスのAR-ASAB1の紹介記事を読みました。  除電ブラシハード用 AR-ASAB1は、17800円という静電気を除去するためのアクセサリーです。  ハード用とあるように、アンプ、プレーヤー、スピーカーといったコンポーネント用に特化されているということです。ブラシの繊維は、三菱ケミカルが開発したという直系0.03mmのアクリル繊維だと…

続きを読む

ヘーゲル H95

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、ヘーゲルのH95の紹介記事を読みました。  ヘーゲルは、ノルウェーのメーカーで、社名はドイツの哲学者ヘーゲルに由来しているといいます。  H95は、24万円というプリメインアンプです。  駆動力がしっかりあり、落ち着いた音色感を持つアンプだということです。出力は60W+60W(8Ω) で、DACを内蔵しています。

続きを読む

MHaudio UA-1

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、MHaudioのUA-1の紹介記事を読みました。  UA-1は、68000円からという真空管ハイブリッドアンプです。からというのは、色などによりいろいろなバージョンがあるようです。  真空管を使っていますが、筐体は90W×90H×148D(mm)と、WAONを合うように小さめです。前段に真空管を1本使い、高域の倍音感や温かみなど、音色的に好ましい色付…

続きを読む

MHaudio WAON

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、MHaudioのWAONの紹介記事を読みました。  WAONは、ペアで64000円からというスピーカーです。からというのは、材質や色により各種あるからということです。  MHaudioは、長野県富士見町を本拠とする日本のメーカーで、開発者が自分で使うために作ったスピーカーからスタートしたといいます。メーカーにすることは考えていなかったそうですが、WA…

続きを読む

B&W 603 S2 Anniversary Edition

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、B&Wの603 S2 Anniversary Editionの紹介記事を読みました。  603 S2 Anniversary Editionは、1本145000円というトールボーイ型スピーカーです。  600シリーズは、B&Wの屋台骨を支える入門グレードだといいます。Anniversary Editionは、発売25周年の記念モデルだということです。…

続きを読む

パラダイム プレミア100B

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、パラダイムのプレミア100Bの紹介記事を読みました。  プレミア100Bは、ペアで11万円という2ウェイ・ブックシェルフ型スピーカーです。  プレミアは、フラッグシップのペルソナの技術を積極的に投入しながら、かなり価格を抑えたエントリーグレードのシリーズだということです。100Bは、そのなかでも一番小さなブックシェルフ型です。  その音はというと、…

続きを読む

ヤマハ AS-1200

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、ヤマハのAS-1200の紹介記事を読みました。  AS-1200は、24万円というプリメインアンプです。  上位機種に、AS-3200(64万円)、AS-2200(35万円)とあって、そのベースモデル的な位置づけになるといいます。基盤が共通しているため、高い駆動力や中域の充実したクリアな音に反映されているということです。重量がAS-3200と3kg弱…

続きを読む

ティアック PE-505

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、ティアックのPE-505の紹介記事を読みました。  PE-505は、168000円というフォノイコライザーです。  一般的なRIAAカーブ以外の、デッカやコロムビアカーブにも対応し、MCカートリッジを使用するときに威力を発揮するXLR入力の端子も備えるなど、きわめて多機能だということです。しかし、最大の魅力は音の良さで、アンプ部の表現力は、このクラス…

続きを読む

アキュフェーズ C-3900

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、アキュフェーズのC-3900の紹介記事を読みました。  C-3900は、190万円というプリアンプです。  アキュフェーズの創立50周年記念モデルの第2弾として開発されたもので、同社のプリアンプの最高級型だということです。最も注目すべきことは、デュアル・バランスド・AAVAの搭載だといいます。これは、アキュフェーズ独自の音量調整の回路技術で、一般的な…

続きを読む

ディナウディオ Contour 20i

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、ディナウディオのContour 20iの紹介記事を読みました。  Contour 20iは、ペアで70万円という2ウェイブックシェルフ型スピーカーです。  Contourシリーズは、ディナウディオの中核を担うもので、20iの上にはフロア型もラインナップされているということです。  ディナウディオのスピーカーの音の特徴は、一言でいえば正確性ということ…

続きを読む

オクターブ V-70 ClassA

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、オクターブのV-70 ClassAの紹介記事を読みました。  V-70 ClassAは、140万円という真空管プリメインアンプです。  V-70を名乗りながら、他のシリーズとは回路構成が大きく異なり、信号レベルに応じてダイナミックレンジを切り替えることで大出力を実現するプッシュブル構成を採用しているということです。ClassAとあるように、通常はほぼ…

続きを読む

アキュフェーズ E-280

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、アキュフェーズのE-280の紹介記事を読みました。  E-280は、33万円というプリメインアンプです。  音質と使い勝手どちらも満足度が高く、スピーカー駆動力も十分という優秀な製品だといいます。1系統のみだがバランス入力をそなえ、オプションボード用のスロットが二つに増えたので、フォノとDACを同時に増設するなど機能拡張の余地も大きいということです。…

続きを読む

アキュフェーズ DP-570

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、アキュフェーズのDP-570の紹介記事を読みました。  DP-570は、65万円というSACDプレーヤーです。  厚みのある音調と反応の良いストレートな感じで、とくに大きな存在感を感じさせるプレーヤーだといいます。  上質なソファーに沈み込んで聞くような高品質なニュアンスと音楽とストレートに対峙するダイレクトなリアリティ、こういった要素のバランスを…

続きを読む

ラックスマン D-10X

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、ラックスマンのD-10Xの紹介記事を読みました。  D-10Xは、120万円というSACDプレーヤーです。  前モデルD-08uの基本設計を受け継ぎながらも、機構と回路の両面で新機軸を打ち出し、CDとSACDだけでなく、ファイル再生の領域でも革新的な取り組みが目を引くということです。  独自メカのLxDTMはフレーム直付けで剛性を強化した新バージョ…

続きを読む

Noble Audio FALCON PRO

 『特選街』で、Noble AudioのFALCON PROの紹介記事を読みました。  FALCON PROは、約33000円という完全ワイヤレスイヤフォンです。  米Knowles社製の最新世代BAドライバーSRDDに、6mm径のダイナミックドライバーを組み合わせたハイブリッド構成が特徴で、完全ワイヤレスとは思えない繊細でスケール感豊かなサウンドが再現できるといいます。電波強度を2倍にする…

続きを読む

Oaxis myFirst Headphones BC Wireless

 『特選街』で、OaxisのmyFirst Headphones BC Wirelessの紹介記事を読みました。  myFirst Headphones BC Wirelessは、約9000円というワイヤレスヘッドセットです。  リモート授業やタブレット学習での利用を想定した子ども向けモデルです。装着したまま周囲の音を聞き取ることができる骨伝導タイプなので、さまざまな場所で安心して使うことが…

続きを読む

ダルマオーディオ T-800

 『特選街』で、ダルマオーディオのT-800の紹介記事を読みました。  T-800は、約46000円というカナル型イヤフォンです。  自社開発の8.5mm径ダイナミックドライバーに、米Knowles社製のBAドライバー2基を組み合わせたハイブリッド方式を採用しています。  筐体内部には、独自形状のサウンドホールO.A.Cミキサーを設けており、3基のドライバーからの音をパワフルかつ効率的に耳…

続きを読む

ケンウッド WS-A1/A1G

 『特選街』で、ケンウッドのWS-A1/A1Gの紹介記事を読みました。  WS-A1/A1Gは、どちらも約37000円という完全ワイヤレスヘッドセットです。  大きな特徴は、音声アシスタント対応ということで、A1は、Amazon Alexaに、A1Gはグーグルアシスタントを搭載していて、ニュースや天気予報のチェック、スケジュールの確認、スマートホーム端末の制御などを声だけで行うことができると…

続きを読む

Nuheara IQBuds2 MAX

 『特選街』で、NuhearaのIQBuds2 MAXの紹介記事を読みました。  IQBuds2 MAXは、約6万円という完全ワイヤレスイヤフォンです。  ハイブリッド型の高性能なノイズキャンセリング機能を内蔵しており、閉塞感を抑えた自然な静寂空間を作り出すことができるのが特徴だということです。シーンに合わせて外音の取り込みパターンを調整することができる先進のヒアスルー機能も備えているので、…

続きを読む

Artio CR-S1

 『特選街』で、ArtioのCR-S1の紹介記事を読みました。  CR-S1は、約6000円というイヤフォンです。  CRシリーズは、頭内定位を軽減する特許技術WARPシステムにより、スピーカーで聞くときのような自然で立体的な音場を再現することができるのが特徴だといいます。もう一つの特許技術SklSで耳障りな共振も抑制しているということです。  新モデルは、システムの小型化と構造の見直しに…

続きを読む

ボーズ Bose Frames Tempo

 『特選街』で、ボーズのBose Frames Tempoの紹介記事を読みました。  Bose Frames Tempoは、約33000円というオーディオグラスです。左右のつるの部分にスピーカーを内蔵し、ブルートゥースでスマトフォンとつながり、耳をふさぐことなく音楽を聞くことができるサングラスです。  わたしは知りませんでしたが、このような製品は、以前からBose Framesシリーズとして…

続きを読む

NURA HOLDINGS NuraLoop

 『特選街』で、NURA HOLDINGSのNuraLoopの紹介記事を読みました。  NuraLoopは、約27000円というブルートゥースイヤフォンです。  独自技術でユーザーの耳の特性を分析し、それに適した音質に自動調整してくれるというのが特徴だということです。専用のスマートフォンアプリを利用すれば、好みに合わせて音質をカスタマイズすることも可能だといいます。  また、アクティブノイ…

続きを読む

JBL LIVE FREE NC+TWS

 『特選街』で、JBLのLIVE FREE NC+TWSの紹介記事を読みました。  LIVE FREE NC+TWSは、約16000円という完全ワイヤレスイヤフォンです。  アクティブノイズキャンセリング機能を内蔵しているのが特徴で、周囲の音をシャットアウトし、静寂のなかで快適に音楽を楽しむことができるということです。IPX7相当のすぐれた防水機能も備えているので、雨や汗も気にならないといい…

続きを読む

cheero NEM Plus

 『特選街』で、cheeroのNEM Plusの紹介記事を読みました。  NEM Plusは、約15000円というポータブル音楽プレーヤーです。  ポケットサイズの小型ボディに、快眠へと導く音源とブルートゥースを搭載しているのが特徴で、付属の完全ワイヤレスイヤフォンを使えば、睡眠に適した環境をどこでも簡単に作り出せるといいます。イヤフォン端子を備えているので、有線イヤフォンを使うこともできま…

続きを読む

ビクター EX-D6

 『特選街』で、ビクターのEX-D6の紹介記事を読みました。  EX-D6は、約66000円という一体型多機能オーディオシステムです。  シリーズ初の一体型で、狭めの場所にもすっきり設置できるのが特徴だといいます。スピーカーユニットは、8.5cm径のフルレンジタイプで、ウッドコーンならではの美しい響きを楽しむことができるということです。  送受信対応のブルートゥースも搭載しているので、スマ…

続きを読む

トライオード TRX-P300S

 『特選街』で、トライオードのTRX-P300Sの紹介記事を読みました。  TRX-P300Sは、約24万円という真空管ステレオパワーアンプです。背面のスイッチで切りかえれば、入力1系統の音量ボリューム付きプリメインアンプとしても使うことができます。  直熱三極管300Bを使い、シンプルなA級シングル構成を採用しており、優美なサウンドを楽しむことができるのが特徴だといいます。出力は、8W×2…

続きを読む

マランツ SACD30n

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、マランツのSACD30nの紹介記事を読みました。  SACD30nは、27万円というネットワークSACDプレーヤーです。  ネットワークSACDプレーヤーであるということは型番からもわかると思います。SACDとそのまま入っていますし、ややわかりにくいかもしれませんが、ネットワークのnも入っています。型番からわかりませんが、USB-DACとしても使うこ…

続きを読む

デノン DCD-A110

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、デノンのDCD-A110の紹介記事を読みました。  DCD-A110は、28万円というSACDプレーヤーです。  デノンの創立100周年を記念したモデルで、内部ではなかなか高度なことをしていて、アップサンプリングは単にサンプリング周波数を上げるだけではなく、独自のアルゴリズムでPCMの入力信号を1.536MHz/32ビットに変換しているということです…

続きを読む

スタックス SRS-3100

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、スタックスのSRS-3100の紹介記事を読みました。  SRS-3100は、67500円という静電型イヤースピーカーです。  スタックスがイヤースピーカーと呼んでいるのは、ヘッドフォンのことです。普通のヘッドフォンよりもスピーカーに近い感覚で使うことができるといいます。普通のヘッドフォンは、マグネットを使って、磁気の変化で振動板が前後に動くことによっ…

続きを読む

ソニー WH-1000XM4

 『レコード芸術』のオーディオコーナーで、ソニーのWH-1000XM4の紹介記事を読みました。  WH-1000XM4は、約4万円というワイヤレスノイズキャンセリングヘッドフォンです。  ノイズキャンセリング機能は、たいした効果なようです。ドライバーユニットと耳の周囲の音響特性を毎秒700回以上検出し、ノイズと音楽信号の変化に瞬時に反応してキャンセリング処理を行う技術を投入したということで、…

続きを読む